STAFF BLOG

【ヒルトン梅田店】上下斜位の方の実例です。

2021.11.04

こんにちは。


ヒルトン梅田店 Vision Specialist(ヴィジョンスペシャリスト)SS級認定眼鏡士 佐野です。

Vision Specialist(ヴィジョンスペシャリスト)とは?

まずJOA(日本眼鏡技術者協会)から、「適切な視力測定」「レンズ選び」「フレーム調整」
などの知識や技術を審査認定された『SS級認定眼鏡士』であり
そしてグラスファクトリーでは、世界最先端の視力測定、両眼視機能検査を行う為
世界最高峰の精度を持つCarl Zeiss(カールツァイス)社の精密検査機器を導入しているんですが
私は視力測定のスペシャリストとして社外の講習受講や社内への指導を担当しています。

上下斜位の方の実例です。

レンズを通してみた像が、大きく上下にズレているのが分かると思いますが、
かなり強度の上下斜視がある50代の女性のお客様からのご相談でした。

「脳の手術を2回しており、斜視の手術以外でどうする事も出来ないと言われたが、
3回目の全身麻酔の手術も怖く、眼科でフレネルプリズム膜
のメガネ処方してもらったが、
物凄くしんどいし複視も残っている」
とのご相談です。
「現在は見えないので、仕事も休職している」との事。
更に、
「このフレネルプリズム膜のメガネでは見た目にも外に出る気にもならないし、
 何とかできるのであればと・・・。」
ご予約を頂きました。

処方箋の効力が切れているのですが、以前にお作り頂いているメガネの
フレネルプリズム膜の処方が左眼12プリズム Base DOWNです。

フレネル膜は片眼で補正する為、レンズに縞模様が入りますので、見た目にもわかります。
片眼だけで補正すると周りから見られる左目の位置も、だいぶ上に上がったように見えてしまいます。

これではお仕事も休職したいでしょうし、人と会うのは避けたくなるのも分かります。

測定をさせて頂きました。
お作りしたお度数がコチラです。

フレネルプリズム膜での以前の処方のプリズム量より大きいプリズム量となりました。
左右合算18.5プリズムの上下斜位です。
もちろん一般的なメガネのレンズではこのプリズムを補正するレンズはお作り出来ません。

ZEISSのオーダーメイドレンズでないと、製作が出来ません。
今までのメガネではどうする事も出来ない状態も、お作り出来る可能性がございます。

これだけ特殊なお度数ですので、目の位置やお顔のサイズなどによって選べるフレームはかなり
限られますが、しっかりと合わさせていただきました。

先日お渡しをさせて頂きました。
「嫌だったり、しんどかったので前のフレネルプリズムのメガネは使ってなかったけど、
 今回のメガネが出来上がると思って練習のためにずっと掛けていて・・・。」
とお伝えいただきました、その甲斐あって、制作した眼鏡が数分で掛けて歩いたり出来るようになりました。

「複視もなくちゃんと見えるし、見た目も分からないし」
と大変喜んでいただけました。
「ちゃんと見えるようになったら、仕事復帰しようと考えていたので、
本当に助かりました!!」

と掛けてご帰宅されました。

今までのメガネではお作り出来なかったようなレンズもお作り出来る場合がございます。
測定の結果、製作出来ない場合もございますが、一度ご相談いただければと思います。

 来店フォームでのご予約

お電話、メールでのご予約

『GLASS FACTORY ヒルトン梅田店』
電話番号:06-4796-7266
メールアドレス:gfumeda@glassfactory.co.jp

RYOSUKE SANO【UMEDA STORE MANAGER・SS級認定眼鏡士】
自分自身の疲れ眼からくる、頭痛や肩こりがある事も含めて、
ドイツから来日頂いたスペシャルトレーナーによるMCH講習を受け、
改善した経験を活かし、様々なお客様の眼の悩みにご対応し
19年のキャリアを積んでいます。両眼視機能検査視力測定予約
お受付しております。視力測定ご予約フォームはコチラ
※測定はご予約優先で約1時間の測定時間となります。