Eyesight Measurement(視力測定)

日本初となるZEISS(ツァイス)社の最新型フォロプター(自覚屈折測定器)VISUPHOR 500を導入しました。

世界最先端の超精密な視力測定を皆さまにご提供する準備が整いました。
ドイツのCarl Zeiss(カールツァイス)社より、医療先進国と言われるヨーロッパの最先端医療の現場にも導入されている最新型フォロプター(自覚屈折測定器)であるVISUPHOR 500がグラスファクトリー神戸店とグラスファクトリーヒルトン梅田店に日本国内で初めて導入されました。
VISUPHOR 500の導入により、世界最先端の革新的視力測定のご提供が可能となりました。

GLASSFACTORYがご用意した視力測定空間ではZEISSのVISUPHOR 500を含めて、i.Profiler®plus 、i.Terminal2 、VISUSCREEN を連動させて、今までになかった新しい視力測定体験をして頂けます。
その他にもお客様(被験者)の目にも負担の少ないスピーディーな測定プログラムとグローバルスタンダードになりつつある、米国式21項目の予備的検査や眼位検査もスムーズに行うことが可能になりました。特別な眼位測定ドイツ式両眼視機能検査を含めて、”次世代の視覚矯正”と言われる世界最先端の超精密度数(ZEISS i.Scription®)によるメガネレンズの見え方も実際にご体験頂けます。

このZEISSのVISUPHOR 500を含めて、i.Profiler®plus 、i.Terminal2 、VISUSCREEN 、この4つの最新測定器が揃っているのはグラスファクトリーだけです。

測定の流れ

1.問診
現在お使いの眼鏡のお度数で夜が見えにくい・掛けにくい・ズレやすいなどご不満のある部分をお伺いします。今回のお作りするメガネの用途を確定します。
2.測定
人の目は昼間と夜間で疲れや光量の違いから瞳孔サイズが変わります。この瞳孔サイズをお測りするのと同時に角膜形状をお測りし、今までの測定ではお作りする事が出来ない超精密度数で目を測定します。
3.カウンセリング
i.profiler®plusで測定した眼の状態をご説明し、ライフスタイルに合ったレンズをご提案します。
4.VRによる疑似体験
お選び頂きましたレンズの見え方を、VRによる仮想現実で疑似体験頂けます。
5.デジタルアイポイント計測フィッティング
超精密度数でレンズをお作りしても、アイポイントや前傾角、そり角等フィッティングポイントがズレていては、レンズ本来のパフォーマンスが発揮されませんので、最新のデジタル機器で計測します。

ここまでの測定時間はフレーム選定時間をのぞき、約1時間となります。