STAFF BLOG

【ヒルトン梅田店】頭痛・肩こりに悩んでいる方に ”プリズムレンズ”とは?

2021.09.04

こんにちは。

ヒルトン梅田店の工藤です。

頭痛・肩こりの予防にプリズムレンズも有力候補!

 

普段の生活の中でおこる、肩や首のコリが頭痛の原因だと言われている『緊急型頭痛』。

長時間のパソコンやスマホの使用で、同じ体制が続くことで筋肉が緊張している状態を作り出しています。

 

 

そもそも、近くのものを見るときの人間の眼は、とっても頑張っている状態です。

例えばあなたが歩くときというのは、あまり”頑張って歩く”という意識では歩いていないと思います。

でも、スクワットをするとなると、かなりの運動です。

きっと足や腰などいろんな筋肉を使って頑張っている感じがするでしょう??

 

 

あなたがスマホやパソコンで近くを見るときの目は、

その”がんばっている”状態です。

目の中の水晶体というレンズをぎゅっと縮めているんです。

 

そして、年齢を重ねて『老眼』になるということは、このスクワットができなくなった状態ということになります。

そうです。

目も筋肉なのです。

 

近くを見るときの目は、加えてもうひとつ頑張っていることがあります。

それは、両目を内側に寄せるという行為です。

近くのものを見るときに人は目を内側に寄せる筋肉が働きます。

専門的に言うとその働きする力を輻輳力(ふくそうりょく)と言います。

 

あなたが長時間スマホやパソコン、読書をすると疲れてしまうのは、主にこの2つの運動によるものです。

その輻輳という運動は、目の周りの筋肉によって行われています。

 

片目に6つ、両目で12あるこの筋肉で近くにあるものを捉えています。

 

そりゃ疲れますよね。

そして、この目の周りの筋肉のバランスがくずれてしまう症状が「斜位」という目の病気です。

“隠れ斜視”とも言われますが、斜視との最大の違いは、他人から見ても普段から目が離れていることがないため、気づくことはほぼありません。

自覚症状としては、

・疲れてくると焦点が合いづらい(若い方でも)

・人混みにいくと疲れる

・思わず片目をつむって見るときがある

などです。

両目で目を寄せる筋肉に異常をきたしているため、片目で見る方が楽に感じたりします。

しかしその結果、視神経や目の周りの筋肉や眼球(とにかく目!)に負担がかかってしまい、肩こりや頭痛を引き起こしてしまうのです。

 

 

メガネの見え方以外にも頭痛・肩こりでお困りの際には是非、グラスファクトリーにご相談ください。

 


グラスファクトリーの視力測定では『ドイツ式世界最先端の両眼視機能検査』で
「快適で楽に見え負担が少ない」メガネを作る為に測定には約1時間のお時間を頂戴しております。
下記のバナーから来店予約頂けますとお待たせする事なくスムーズにご案内することが出来ます。

来店フォームでのご予約

お電話、メールでのご予約

『GLASS FACTORY ヒルトン梅田店』
電話番号:06-4796-7266
メールアドレス:gfumeda@glassfactory.co.jp

【コロナウィルス関連】


Staff profile
工藤(くどう)

グラスファクトリーでは、グローバル基準のドイツ式MCH検査
(両眼視機能検査)を実施いたしております。

詳しくはこちらの視力測定コンテンツをご覧ください。
グラスファクトリー各店で、MCH(両眼視機能検査)のご予約をお受付いたしております。
※MCH(両眼視機能検査)の測定には約1時間のお時間が掛かりますので、ご予約優先となりますので予めご了承くださいませ。