STAFF BLOG

【ヒルトン梅田店】かなり特殊な眼のお度数の眼科の院長先生にお作り頂きました。

2021.01.12

こんにちは。


ヒルトン梅田店 Vision Specialist(ヴィジョンスペシャリスト)SS級認定眼鏡士 佐野です。

Vision Specialist(ヴィジョンスペシャリスト)とは?

まずJOA(日本眼鏡技術者協会)から、「適切な視力測定」「レンズ選び」「フレーム調整」
などの知識や技術を審査認定された『SS級認定眼鏡士』であり
そしてグラスファクトリーでは、世界最先端の視力測定、両眼視機能検査を行う為
世界最高峰の精度を持つCarl Zeiss(カールツァイス)社の精密検査機器を導入しているんですが
私は視力測定のスペシャリストとして社外の講習受講や社内への指導を担当しています。

今回ご相談いただきお作り頂きましたのはコチラの男性の方。

実はこの方、眼科の院長先生です。

ご自身かなり特殊な眼をされているとの事で、ご来店時もご自身で処方した
メガネを掛けてご来店されました。

画像の現行度数

眼科の先生ですので、ご自身かなり特殊なお度数だとご存じなので、この眼でも最新のメガネレンズでは
どういう見え方になるのかという部分を試したいと、ご予約を頂きお測りさせて頂きました。

円錐角膜の方に多く見られる程度のかなり強い乱視が世界最新のZEISS機器の計測値で出ました。
この数値だけを見ると、自覚的屈折検査による度数はなかなか導きだされないのですが、
そこは、じっくり検査させて頂きました。

最新度数のご説明をさせて頂き、最適化された度数が画像の一番下のお度数です。

これほどの強い乱視を矯正するメガネレンズは一般的なメガネレンズでは製作が出来ません。
ですが、ZEISS(ツアイス)のオーダーメイドメガネレンズでは製作が出来ました。
(※お度数や状況によってはご製作出来ない場合もございます)

今まで掛けて頂いていたお度数では、右眼で0.6の視力、左眼で0.4の視力でした。
左眼はこれ以上視力が上がりませんが、右目は上記の最適化された度数では0.8までの視力が
出るようになりました。

先日お渡しをさせて頂きました。
「確かに良く見えている感覚がある。」とお伝えいただき、ご体感頂けました。

一般的なメガネでは製作範囲外となる特殊なお度数でも製作することが出来る場合があったり、
一般的な検査だけでは改善出来ない部分も改善できる可能性がある場合がございます。

メガネの見え方などでお悩みなどございましたら、是非、ご相談ください。
視力測定はご予約制となっておりますので、下記フォームよりご予約をお願い致します。

 

 来店フォームでのご予約

お電話、メールでのご予約

『GLASS FACTORY ヒルトン梅田店』
電話番号:06-4796-7266
メールアドレス:gfumeda@glassfactory.co.jp

RYOSUKE SANO【UMEDA STORE MANAGER・SS級認定眼鏡士】
自分自身の疲れ眼からくる、頭痛や肩こりがある事も含めて、
ドイツから来日頂いたスペシャルトレーナーによるMCH講習を受け、
改善した経験を活かし、様々なお客様の眼の悩みにご対応し
19年のキャリアを積んでいます。両眼視機能検査視力測定予約
お受付しております。視力測定ご予約フォームはコチラ
※測定はご予約優先で約1時間の測定時間となります。