STAFF BLOG

【堀江店】ライフスタイル別眼鏡レンズ選びについて

2020.02.11

こんにちは。


堀江店 店長 Vision Specialist(ヴィジョンスペシャリスト)の上島です。

Vision Specialist(ヴィジョンスペシャリスト)とは?

グラスファクトリーで世界最先端の視力測定、両眼視機能検査を行う為
世界最高峰の精度を持つCarl Zeiss(カールツァイス)社の精密検査機器を導入しているんですが
視力測定のスペシャリストとして社外の講習受講や社内への指導を担当するポジションの事です。

メガネのレンズは見え方、レンズの厚さ等選択肢がたくさんあり、迷われてしまうかと思います。
しかし難しく考える必要はありません。

失敗しないメガネ作りとは?

メガネを新調する時に重要なのは「視距離」です。

本日は『ライフスタイル別眼鏡レンズ選び』についてです。

メガネレンズを選ぶ時の基準は遠くが見えるだけではありません。
仕事や趣味、スポーツ等のライフスタイル毎に見たい距離は異なります。
パソコン作業、スマートフォンを見る時、読書する時、運転する時
それぞれの作業に必要な視距離に応じた視力、視野の方向や動き、作業距離とその範囲等を考慮して作る必要があります。

『パソコン作業に合う』


デスクトップでは距離55~75㎝高さ30~45㎝、ノートパソコンでは距離45~60㎝高さ15㎝程眼との距離が離れます。
デスクトップの方が、モニタとキーボードの間で視線を動かす距離も大きくなるので、近々~中近レンズを。
ノートパソコンなら単焦点レンズ(一般的なメガネレンズ)か近々レンズがおすすめです。
※ZEISS単焦点レンズ
※ZEISS近々レンズ
※ZEISS中近レンズ

更に詳しいPC(お仕事環境)毎のレンズについてはこちらをご覧下さい☟

【堀江店】職場でも快適な視界をお楽しみください「ZEISS オフィスレンズ」


家でのTV視聴時


読書や手芸など、室内での趣味が中心という方なら、室内から手元までスムーズによく見える
中近や手元専用の近近のメガネレンズが快適でしょう。
※ZEISS中近レンズ
※ZEISS近々レンズ

 


車の運転時


標識や信号を遠くから確認したり、車の計器やカーナビなどの近距離
(約70〜80cm)まで見える必要がある車の運転は、より遠くが見やすい
単焦点レンズ(一般的なメガネレンズ)を選びましょう。
もしカーナビを使用する場合は、遠近両用がおすすめです。
※ZEISS単焦点レンズ
※ZEISS遠近両用レンズ

更に詳しい『ZEISS DriveSafe Lenses』についてはこちらをご覧下さい☟

【堀江店】安全な自動車の運転と日常的な使用をひとつのメガネで両立させるレンズ「ZEISS DriveSafe Lens」


ゴルフ時


ボールの行方を見る遠くからスコアカードを見る40cm程度まで
目との距離が離れます。単焦点レンズ(一般的なメガネレンズ)でも大丈夫ですが
遠くから近くまでスムーズによく見える遠近両用レンズが便利です。
ゴルフ向きの遠近両用にゴルフ用度数を調整すればより快適なメガネでプレイをすることができます。
※ZEISS単焦点レンズ
※ZEISS遠近両用レンズ

更に詳しい『ZEISS遠近両用レンズ』についてはこちらをご覧下さい☟

【堀江店】あらゆる距離で快適な視界を楽しんで頂く『ZEISS 遠近両用レンズ』

 

お付き合い頂きありがとうございました。
ライフスタイル別レンズ選びについてでした。


グラスファクトリーの視力測定では『ドイツ式世界最先端の両眼視機能検査』で
「快適で楽に見え負担が少ない」メガネを作る為に測定には約1時間のお時間を頂戴しております。
下記のバナーから来店予約頂けますとお待たせする事なくスムーズにご案内することが出来ます。

ZEISSオーダーメイドレンズが出来るまで(来店からの流れ)


Staff Profile
上島 英智(Hidetomo Parisien Uejima)

堀江店店長兼Vision Specialist(ヴィジョンスペシャリスト)

1977年1月7日生まれ(42歳)/A型

奈良県出身/大阪市在住

座右の銘、好きな言葉:「Qui se ressemble s’assemble」(類は友を呼ぶ) / 外見は1番外側の中身

趣味:音楽(主にJazz & House) 映画鑑賞 / 買い物 / ワイン&食べること / 海外旅行 etc

 

 

【私のこだわり】
眼鏡と洋服とフランスをこよなく愛し、毎シーズンごとのトレンドを意識しながら、フレンチ&海外生活で培った「グローバルな視点と日本人らしさ」をベースに自分と由縁のある場所や人、ブランドの時代背景をも融合させたMIXスタイルが得意。その他、この業界に入ったきっかけなど、スタッフインタビューはこちら

【最後にひと言】
お客様が持つライフスタイル、そのライフスタイルに合うファッション、そのファッションに合う眼鏡
そして最高級の視界を眼鏡業界歴20年の知識と経験を元に従来の「眼鏡店」の固定概念にとらわれない「トータルコーディネート」提案をさせて頂きます。