STAFF BLOG

【ヒルトン梅田店】広い視野と快適な掛け心地を!JAPONISM 583シリーズ

2021.03.22

 

こんにちは。

ヒルトン梅田店の工藤です。

本日はPROJECTIONシリーズで有名なJAPONIOSM(ジャポニスム)から新しいフレームを紹介致します。

過去にPROJECTIONシリーズについて記事にしておりますので、そちらも合わせてご覧ください。

【ヒルトン梅田店】10万回の開閉テストに耐えるジャポニスムのPROJECTIONシリーズ

 

今回紹介するのは視界の広さをテーマにしたJN-583シリーズ

 

JN-583 ¥48,400(税込)

非球面レンズが主流の昨今では珍しいく、反り方が大きいレンズ(ハイカーブ、6カーブ)に対応したフレーム。

通常メガネを掛けると裸眼に比べ視野は狭くなりますが、より顔に沿うように作ることで従来のメガネにはない視野を提供します。

以前紹介したPROJECTIONシリーズと比較してみても一目瞭然です。

 

一般的なチタンとプラスチックのコンビネーションフレームに見えますが、

フロント素材にはトロガミドという軽さと丈夫さを併せ持つ樹脂を使用し、

テンプル(つる)には軽くて強度があり柔軟なβ(ベータ)チタンを使用しています。

より掛け心地と機能性を追求したJAPONISMらしい1本です。

デザインもシンプルでバランスの取れたシェイプは

広い視野を必要とするスポーツにもいつものライフスタイルにも幅広く活躍出来ます。

 

そんなフレームの良さを生かすためにもレンズは非球面ではなく、ハイカーブに対応したレンズが望ましいですね。

スポーツビジョンにおける視野角の広さは重要な要素です。

しかし、一般のレンズでは視野を拡げてくれる反りの強いレンズに対応していません。

ZEISSならレンズカーブはもちろん、大きさや形状まで分析し度数とフレームにあったレンズを作成することが可能です。

カーブが強いレンズ独特の歪みもフルオーダーレンズで作成することで最大限に抑える事が出来ます。

 

掛け心地を追求したフレームと快適な視界を追及したレンズによる最高のパフォーマンス

一変したライフスタイルにピッタリなメガネをお探しの方は是非お買い求めください。

 


グラスファクトリーの視力測定では『ドイツ式世界最先端の両眼視機能検査』で
「快適で楽に見え負担が少ない」メガネを作る為に測定には約1時間のお時間を頂戴しております。
下記のバナーから来店予約頂けますとお待たせする事なくスムーズにご案内することが出来ます。

来店フォームでのご予約

お電話、メールでのご予約

『GLASS FACTORY ヒルトン梅田店』
電話番号:06-4796-7266
メールアドレス:gfumeda@glassfactory.co.jp

【コロナウィルス関連】


Staff profile
工藤(くどう)

グラスファクトリーでは、グローバル基準のドイツ式MCH検査
(両眼視機能検査)を実施いたしております。

詳しくはこちらの視力測定コンテンツをご覧ください。
グラスファクトリー各店で、MCH(両眼視機能検査)のご予約をお受付いたしております。
※MCH(両眼視機能検査)の測定には約1時間のお時間が掛かりますので、ご予約優先となりますので予めご了承くださいませ。