STAFF BLOG

【ヒルトン梅田店】偏光サングラスって?普通のサングラスとの違いは?

2021.03.10

こんにちは。

ヒルトン梅田店の工藤です。

3月になりましたね。

春になり、日差しも少しずつ強くなってきました。

 

今回紹介させていただくのはZEISSの偏光レンズ。

偏光と言えば釣りやドライブにゴルフなどのお供に最適とされる特殊なレンズ。

アウトドアがホットなこのご時世、上記以外にも様々なシーンで活躍が見込めます。

 

ところで皆さん、偏光レンズを実際に使ったことはありますか?

光の乱反射をカットして、視界の眩しさをなくす画期的なレンズ。

聞いたことはあっても普通のサングラスとの違いがイマイチ分からない、という人は割といるのではないのでしょうか。

実際にどれほどのものなのか確かめて見ましょう。

 

偏光レンズの見え方

用意するのはサンプルの偏光レンズと

こちらの機械。

ポチッとボタンを押すと光が乱反射したような状況を作り、内側に貼り付けられた写真が一気に見えにくくなります。

ちなみに中の写真は道路を走るロードバイク乗りの写真です。

 

では、早速比べて見ましょう。

 

こちらが偏光レンズを通さず見た場合。

そしてこちらが偏光レンズを通して見た場合

 

一枚目はもはや何がなんだかわかりませんね・・・

しかし二枚目はかなりの光をカットしているのがわかります。

 

釣りでは水面に、ゴルフでは芝に、ドライブではボンネットetc.濡れた表面や光沢のある表面に反射して起こるグレア

これを防ぐのは当然ですが、他にも大きなメリットがあります。

よりシャープに焦点が合うようになる為、輪郭がはっきりし、明るい日差しの中でもずっと楽に見えるようになり、目が疲れにくくなります。

言い換えれば、目を太陽から守るだけでなく、不快なグレアのないより良い視界を提供してくれるのです

 

注意点があるとすれば、水洗い出来ない事と一定の角度から液晶が見えにくくなるといったところでしょうか。

それでもシチュエーションに関わらず、一度はお試しいただきたい優れもの。

 

在宅ワークや自粛生活に疲れたときこそ外の空気を吸いに出かけたいもの。

近くても遠くても、好きな時に思うように外出できない世の中になってしまったからこそ

貴重な時間を使ったお出掛けを快適にする1本、是非作ってみてください。

 

 


グラスファクトリーの視力測定では『ドイツ式世界最先端の両眼視機能検査』で
「快適で楽に見え負担が少ない」メガネを作る為に測定には約1時間のお時間を頂戴しております。
下記のバナーから来店予約頂けますとお待たせする事なくスムーズにご案内することが出来ます。

来店フォームでのご予約

お電話、メールでのご予約

『GLASS FACTORY ヒルトン梅田店』
電話番号:06-4796-7266
メールアドレス:gfumeda@glassfactory.co.jp

【コロナウィルス関連】


Staff profile
工藤(くどう)

グラスファクトリーでは、グローバル基準のドイツ式MCH検査
(両眼視機能検査)を実施いたしております。

詳しくはこちらの視力測定コンテンツをご覧ください。
グラスファクトリー各店で、MCH(両眼視機能検査)のご予約をお受付いたしております。
※MCH(両眼視機能検査)の測定には約1時間のお時間が掛かりますので、ご予約優先となりますので予めご了承くださいませ。