STAFF BLOG

【ヒルトン梅田店】普通のメガネでは対応できない用途にも《跳ね上げメガネ》

2020.12.30

こんにちは。

ヒルトン梅田店の工藤です。

本日はTHOM BROWNE.から、跳ね上げタイプのメガネを紹介致します。

TBS812-46-03 SLV-BLK ¥99,000

TBS812-46-03 BLK-GLD ¥99,000

 

最近、この手のメガネは少なくなってきましたね。

 

ご覧の通り、2枚のレンズが重なっており跳ね上げる事で1枚のレンズだけで使えるメガネです。

度入りのサングラスはあれば便利だけど、サングラスとしての用途に限定されてしまい、状況に合わせて掛け外しする手間も増えます。

跳ね上げのメガネならサングラスを跳ね上げればその瞬間メガネとして使えます。

1本でメガネとサングラスを両立できる便利な代物です。

特に運転中なんかは片手で素早く切り替えられるので重宝しますよ。

釣りを楽しむ方なら、偏光と遠近の組み合わせも便利かも知れませんね。

必ずしもメガネonサングラスで使う必要はありません。

この様にレンズを入れかえることで遠用と近用の使い分けも可能です。

「遠近や中近があるのにどうしてそんな使い方をするの?」と思う人もいると思います。

累進レンズは構造上、視線をある程度下げないと手元の度数で見る事はできません。

見るものや職業次第では、従来の遠用・近用のような単焦点レンズの方が使いやすい方もいます。

当店に在籍している認定眼鏡士が神戸店に勤務していた際、跳ね上げメガネを活用した珍しいケースを記事にしておりますので、合わせてご覧ください。

 

【神戸店】プロフォトグラファーの方からご相談いただいた複式アルバイトフレームのご紹介です。

 

使い分けによる掛け外しの回数が減る分、単純にメガネが歪みにくい広がりにくいのと、掛け外しの際に落とす心配や2本持つわずらわしさもなくなります。

特殊な例ではありますが紹介した記事のお客様のように、仕事上スムーズな切り替えが必要な方にもオススメです。

 

 

ご紹介させていただいた様に、非常に特殊な使い方にも対応できるフレームです。

もし、お使いのメガネに物足りなさを感じいていたり痒いところに手が届いていないと感じているなら、是非一度ご相談ください。

 

 


グラスファクトリーの視力測定では『ドイツ式世界最先端の両眼視機能検査』で
「快適で楽に見え負担が少ない」メガネを作る為に測定には約1時間のお時間を頂戴しております。
下記のバナーから来店予約頂けますとお待たせする事なくスムーズにご案内することが出来ます。

来店フォームでのご予約

お電話、メールでのご予約

『GLASS FACTORY ヒルトン梅田店』
電話番号:06-4796-7266
メールアドレス:gfumeda@glassfactory.co.jp

【コロナウィルス関連】


Staff profile
工藤(くどう)

グラスファクトリーでは、グローバル基準のドイツ式MCH検査
(両眼視機能検査)を実施いたしております。

詳しくはこちらの視力測定コンテンツをご覧ください。
グラスファクトリー各店で、MCH(両眼視機能検査)のご予約をお受付いたしております。
※MCH(両眼視機能検査)の測定には約1時間のお時間が掛かりますので、ご予約優先となりますので予めご了承くださいませ。