STAFF BLOG

【神戸店】眼鏡の歪みは見え方に影響する

2020.09.15

こんにちは。


神戸店 Vision Specialist(ヴィジョンスペシャリスト)の笹沼です。

Vision Specialist(ヴィジョンスペシャリスト)とは?

グラスファクトリーで世界最先端の視力測定、両眼視機能検査を行う為
世界最高峰の精度を持つCarl Zeiss(カールツァイス)社の精密検査機器を導入しているんですが
視力測定のスペシャリストとして社外の講習受講や社内への指導を担当するポジションの事です。

 

眼鏡の歪みは見え方に影響する

 

毎日お使いいただく眼鏡、必要な時だけ掛ける眼鏡、どちらも日々使われている中で
少しずつ始めに掛けて頂いて状態より変化していくことがあります。

遠近両用レンズでも手元が見えにくいと言うお声を頂き、検査する事が多くあります。

度数の変化によるものなのか、元の眼鏡のフィッティングを確認してから
検査をさせて頂く事もあります。

ZEISS社レンズをご購入頂いたお客様には以下のようなレンズ詳細をお付けしています。

 

眼鏡を作るにあたって、レンズには大切な焦点があります。
そこを通して見て頂いているのかによって、折角お作り頂いた眼鏡でも
性能を発揮しないまま見えにくいと思ってしまうからです。

レンズには視界に影響のない程度に隠しマークが刻印されています。

この隠しマークによって、正しい位置で眼鏡を掛けて頂いているのかどうかを調べることが出来ます。

隠しマークから基づいた焦点の場所、近くを見て頂く視界の位置の確認など
正しい位置で眼鏡を掛けて頂く情報が実はレンズの中にあります。

眼鏡が歪んでしまったり、

上記の様に、左右の眼とレンズの距離が均等でない場合も、視力に影響しますし、
ましては鼻部分の当たり方も均等ではないために、眼鏡を外した時に片方にだけパットの跡が残るなど
弊害が出てきます。

そのまま掛け続けることで、異なった視力のまま慣れてしまう事も避けて頂きたい点です。

性能を発揮していただきたいからこそ、眼鏡にズレや歪みを感じるようであれば、
是非調整の為にお持ちください。

 

【コロナ関連】

来店フォームでのご予約

お電話、メールでのご予約

『GLASS FACTORY 神戸店』
電話番号:078-392-3080
メールアドレス:gfkobe@glassfactory.co.jp


 

笹沼 直美(naomi sasanuma)

GLASS FACTORY 神戸店 STAFF
眼鏡の使用からレンズ、コーディネートまで。
お困りな点をお気軽にご相談ください。
両眼視機能検査の視力測定予約をお受付しております。
ご来店、視力測定ご予約フォームはコチラ。※測定はご予約優先で約1時間の測定時間となります。

【GLASSFACTORY公式SNS】