STAFF BLOG

【堀江店】老眼鏡はパソコン作業に最適?

2020.07.25

íこんにちは

グラスファクトリー堀江店の森です。

老眼鏡はパソコン作業に最適?

室内で過ごす時間が増え、以前よりパソコンやスマホと向き合う時間が長くなった方も多いのでは?

以前は外出先などで商品の値札を見たり、ちょっとスマホで調べものをするときなどに手軽に使えていた老眼鏡。

なんとなく手前を見やすくする=老眼鏡と考えている方も多いと思いますが、
一般的には老眼鏡とは手前約35㎝~40㎝くらいの視界が快適に見える視力です。
手前は見えるけれど、少し先の離れたモノはボヤけてしまいます。

そうなると、パソコンまでの距離は厳しいですね。

瞬間的に視線を上げた時には見えづらく、メガネを外さなければならない。

そういった煩わしさを感じる方も多いのも特徴です。

 

例えば、老眼鏡をかけてパソコンに向かった見え方はこんな感じです。

手前に視力を合わせている為、パソコンまでの距離を近づけて見てしまう。

そこでオススメしたいのが、
パソコン作業や室内での仕事のために最適にデザインされた

『ZEISS Office Lens』です。

視界をデジタルに対応させる。現代社会での生活に最適なメガネレンズ

このレンズは自然な姿勢を保ちながら、近くから中間距離までを見ることができ、パソコン画面から更に部屋の中の様々な視線を妨げることなく広い視野を提供します。特別なニーズにマッチさせることも可能です。

リラックスした姿勢で手元からパソコン、さらに壁掛けの絵まで見ることができますね。

ZEISSのOffice Lensは、手元の資料やキーボードまでの距離とPCモニターまでの距離、更にはPC作業中においてPC以外の場所までの奥行きは何メートルほど先まで見える必要があるか?などを考慮できる様々なレンズ設計を用意しており、お客様のPCワーク中の目の動きと視距離に合わせて設計をお選び頂く事が可能です。

この機会に使用しているメガネが現在の生活スタイルや用途に合っているか見直してみませんか?

お客様の生活スタイルに合わせて眼鏡レンズをお選び頂く事が
お客様自身の生活をより快適にして頂ける事に繋がると思います。

是非,店舗の方でご相談下さい。


グラスファクトリーの視力測定では『ドイツ式世界最先端の両眼視機能検査』で
「快適で楽に見え負担が少ない」メガネを作る為に測定には約1時間のお時間を頂戴しております。

来店フォームでのご予約

お電話、メールでのご予約

『GLASS FACTORY 堀江店』
電話番号:06-6536-3337
メールアドレス:gfhorie@glassfactory.co.jp

国内でも数少ないドイツ式両眼視機能検査で今までにない最高級の視界を

ZEISSオーダーメイドレンズが出来るまで(来店からの流れ)

【コロナウィルス関連】


Staff profile
森 友恵(Tomoe Mori)

グラスファクトリーでは、グローバル基準のドイツ式MCH検査
(両眼視機能検査)を実施いたしております。

詳しくはこちらの視力測定コンテンツをご覧ください。
グラスファクトリー各店で、MCH(両眼視機能検査)のご予約をお受付いたしております。
※MCH(両眼視機能検査)の測定には約1時間のお時間が掛かりますので、ご予約優先となりますので予めご了承くださいませ。

【GLASSFACTORY公式SNS】