STAFF BLOG

【ヒルトン梅田店】「深視力」って何?

2020.07.24

こんにちは。

ヒルトン梅田店の工藤です。

本日はお仕事の種類によっては必須になる事もある

『深視力』についてご説明させて頂きます。

運転免許でも大型免許をお持ちの方はご存知だと思いますが、
中型、大型、第二種免許などには”深視力”という検査があります。

深視力はモノを立体的に見る力や遠近感があるかをテストする検査なのですが、
これは両眼視機能という眼の遠近感や立体感を正確に判断できる能力を検査しているので、
一般的な視力検査だけでは、改善出来ない検査です。

GLASS FACTORYでは両眼視機能検査を最新のドイツ式MCHという検査方法でお測りさせて頂いております。

電車の運転士(動力車操縦者)の試験にも下図のような画面に何が見えるかなどの、
専門的なテストも含まれるようです。

動力車操縦者運転免許の視機能の欄には「正常な両眼視機能を有すること」と明記されています。

(参照Wikipedia)

鉄道会社によっては、その規定が違い、レーシックやコンタクトでの視力矯正は認められない所もあるようです。
当然レーシックやコンタクトでは、この両眼視機能の補正は出来ませんので、
眼鏡だけがこの両眼視機能に異常があっても補正できる補正具という事で
正常な両眼視機能を有する補正が出来るためかと思われます。

もちろん、上記のご相談頂きました方にもグラスファクトリーで行うドイツ式の最新の両眼視機能検査
で測定し、ご来店頂いた際には判断できなかった上記のような立体視のテストも
判断頂けるようにメガネをお作りさせて頂きました。

このようにご職業で立体視が必須の適性検査に含まれるお仕事も多いと思います。
・立体視の検査でひっかかった。
・深視力テストで落ちた。
・遠近感が分かりにくい

などの方は、是非ご相談ください。


グラスファクトリーの視力測定では『ドイツ式世界最先端の両眼視機能検査』で
「快適で楽に見え負担が少ない」メガネを作る為に測定には約1時間のお時間を頂戴しております。
下記のバナーから来店予約頂けますとお待たせする事なくスムーズにご案内することが出来ます。

来店フォームでのご予約

お電話、メールでのご予約

『GLASS FACTORY ヒルトン梅田店』
電話番号:06-4796-7266
メールアドレス:gfumeda@glassfactory.co.jp

【コロナウィルス関連】


Staff profile
工藤(くどう)

グラスファクトリーでは、グローバル基準のドイツ式MCH検査
(両眼視機能検査)を実施いたしております。

詳しくはこちらの視力測定コンテンツをご覧ください。
グラスファクトリー各店で、MCH(両眼視機能検査)のご予約をお受付いたしております。
※MCH(両眼視機能検査)の測定には約1時間のお時間が掛かりますので、ご予約優先となりますので予めご了承くださいませ。