STAFF BLOG

【堀江店】両眼視機能検査をする店が少ない理由

2020.05.19

こんにちは。

グラスファクトリー堀江店の工藤です。

両眼視機能検査をする店が少ない理由

これまでの記事で度々、両眼視機能検査の重要性をお話してきました。

では、それほど重要でありながら何故、両眼視機能検査を行うお店が少ないのでしょうか?

グローバルトレーナーによる最高水準の視力測定講習

両眼視機能検査は非常に高度な検査であり、相応の知識と技術が必要になってきます。
その為グラスファクトリーでは、世界最先端の視力測定を行うために講師を招き定期的に勉強会を行っています。
ZEISSの測定機器の取り扱いに関しても世界中の眼鏡店を回られているスペシャルトレーナーに講習を受けています。
各店舗には講習を受講した店舗にのみ配布される賞状が飾られています。

 

最先端の視力測定を可能にするCarl Zeiss社の測定機器

知識や技術も当然のことながら測定に用いる機器もそれに見合ったものでなくてはなりません。

グラスファクトリーでは、世界最先端のメガネ度数の視力測定を行うため、世界最高峰の精度をもつCarl Zeiss(カールツアイス)社の精密検査機器を導入しています。

これらの機器は、日本でも導入されているところがまだまだ限られております。
斜位矯正・プリズムレンズの測定を最先端の機器で行うことで、従来にない最高級の視界を提供できます。

 

いかかでしたでしょうか?
これを機に、今の眼鏡・見え方を見直してみませんか。

そして、世界最高峰の技術を体験すると同時に、お客様にピッタリの”本当のメガネ”を作ってみませんか。

 

グラスファクトリーの視力測定では『ドイツ式世界最先端の両眼視機能検査』で
「快適で楽に見え負担が少ない」メガネを作る為に測定には約1時間のお時間を頂戴しております。
下記のバナーから来店予約頂けますとお待たせする事なくスムーズにご案内することが出来ます。

国内でも数少ないドイツ式両眼視機能検査で今までにない最高級の視界を

ZEISSオーダーメイドレンズが出来るまで(来店からの流れ)

【コロナウィルス関連】

【オフィシャル】≪アフターコロナの世界≫GLASS FACTORYが進むべき道


Staff profile
工藤(くどう)

グラスファクトリーでは、グローバル基準のドイツ式MCH検査
(両眼視機能検査)を実施いたしております。

詳しくはこちらの視力測定コンテンツをご覧ください。
グラスファクトリー各店で、MCH(両眼視機能検査)のご予約をお受付いたしております。
※MCH(両眼視機能検査)の測定には約1時間のお時間が掛かりますので、ご予約優先となりますので予めご了承くださいませ。