STAFF BLOG

【堀江店】キング・オブ・シルバーの名前にふさわしい絶大な人気を誇る『クロムハーツ』の歴史に迫っていきます

2020.04.09

こんにちは。


グラスファクトリー堀江店の工藤です。

本日はCHROME HEARTSについて詳しくご説明させて頂きます

そのデザインは時代が移り変わっても、世界中のシルバーフリークや海外セレブの心を掴み続けています。
荒々しい武骨さと、美しいデザインが調和した
【キング・オブ・シルバー】の名前にふさわしい絶大な人気を誇るシルバーブランドの歴史に迫っていきます。

創始者三人の出会い(リチャードスターク ジョンバウマン レナードカムフォート)

父親が営む革の輸入会社で働くようになり、ハーレーダビッドソン(Harley Davidson)のファンだったリチャードはハーレーダビッドソンで営業に回っていました。
その時に自分の納得のいくバイクウェアを自分で作り始めたことがクロムハーツ創業のきっかけでもあります。

リチャードがハーレーダビッドソンで全米中をセールスをして回っていました。
その時に同業者のジョン・バウマン(John Bowman)と知り合って意気投合し、共同で事業を始めるようになります。
二人はそのビジネスの傍らで、既存のメーカーのバイク用ファッションにはどうしても満足できず、自分たちが身に着けたいと思う物を自分たちで作りはじめます。
その延長線上で、身近な友人たちの為にも作り始める様になりました。

やがて、彫金職人であったレナード・カムフォート(Leonard Kamhout)に出会い、彼を巻き込んで本格的にバイク用ファッションをスタートさせました。

リチャードスターク(Richard Stark)とは?

リチャードスタークとは、クロムハーツ創設者にして、現在はオーナー兼デザイナー。
クロムハーツを象徴するレジェンドで彼はクロムハーツを着ける全ての人から愛され、神格化されています。

ジョンバウマンとは?

もともとレザー製品のセールスマンでありクラフトマンだったジョンバウマンはクロムハーツの創設者のひとりのリチャードスタークがレザー製品のセールスをするのに全米を回っているときに出会います。
リチャードスターク、ジョンバウマンともにハーレーダビッドソンに乗っていたことから二人は意気投合し語りあう中で自分たちの理想とするレザーウェアがないから作ろうという考えに至りました。

ジョンバウマンはかなりレザーの生地にもこだわりがあるようで、クロムハーツのレザー製品が世界中のレザーフリークやクロムフリークをはじめとするバイカーやパンクロッカーにまで愛されているのはジョンバウマンのレザーに対するこだわりが大きいようです。

レナード・カムフォートとは?

レナードは、クロムハーツ立ち上げ当初の初期メンバーで彫金とデザイナーを担当していました。
より、自分の世界観を実現するために1994年にクロムハーツを脱退。約2年間の沈黙後、1996年にデヴォン・ウィラーをパートナーとして迎えて共に「ロンワンズ(LONE ONES)」の前身になる「レナードカムホート(Leonard Kamhout)」を設立しました。

当時の他ブランドはのモチーフで多く見られたものとは一線を画した、オリジナリティに溢れた自然界をモチーフにした作品作りの彼の特異な才能に加え一切の妥協を許さないハイクオリティでシルバー界の頂点へと、、、まさに天才彫金師の一人です。

誠に残念ながら2016年12月30日享年70歳でこの世を去りました。

1988年 クロムハーツ誕生

クロムハーツの由来

意外と知られていませんが、CHROME HEARTSの命名には由来は映画のタイトルからです。
リチャード・スタークの友人が監督するB級ホラー映画の衣装を担当してからのことです。

その映画の初期タイトルが「CHROME HEARTS」なのです。
結果としてそのタイトルとして世には出なかったものの、彼はその言葉をとても気に入り自身のブランドに”クロムハーツ”というブランド名を付けたのです。

”Chrome don’t get you home” ”バイクをピカピカにしていたって、よく走るわけではない”バイク乗りたちの言葉で、乗り出しのビギナーをからかうフレーズをもじり、”CHROME HEARTS will get you somewhere that makes you feel like you’re home” ”CHROME HEARTSは自分が自分だと思える場所まで連れて行ってくれる”というワードをキャッチフレーズにしたのです。

いかがでしたでしょうか?
よりクロムハーツを知って頂けたんではないでしょうか?

【オフィシャル】4月26日「CHROME HEARTS EYEWEAR SPECIALDAY」開催中止


グラスファクトリーの視力測定では『ドイツ式世界最先端の両眼視機能検査』で
「快適で楽に見え負担が少ない」メガネを作る為に測定には約1時間のお時間を頂戴しております。
下記のバナーから来店予約頂けますとお待たせする事なくスムーズにご案内することが出来ます。

国内でも数少ないドイツ式両眼視機能検査で今までにない最高級の視界を

ZEISSオーダーメイドレンズが出来るまで(来店からの流れ)

【コロナウィルス関連】

【オフィシャル】コロナウイルス感染予防対策、そして視力測定予約優先制について


Staff profile
工藤(くどう)

グラスファクトリーでは、グローバル基準のドイツ式MCH検査
(両眼視機能検査)を実施いたしております。

詳しくはこちらの視力測定コンテンツをご覧ください。
グラスファクトリー各店で、MCH(両眼視機能検査)のご予約をお受付いたしております。
※MCH(両眼視機能検査)の測定には約1時間のお時間が掛かりますので、ご予約優先となりますので予めご了承くださいませ。

【GLASSFACTORY公式SNS】