STAFF BLOG

【堀江店】誰しもにやってくる「老眼」について

2020.03.14

こんにちは。


堀江店 店長 Vision Specialist(ヴィジョンスペシャリスト)の上島です。

Vision Specialist(ヴィジョンスペシャリスト)とは?

グラスファクトリーで世界最先端の視力測定、両眼視機能検査を行う為
世界最高峰の精度を持つCarl Zeiss(カールツァイス)社の精密検査機器を導入しているんですが
視力測定のスペシャリストとして社外の講習受講や社内への指導を担当するポジションの事です。

本日は『老眼』について

今更ですが、グラスファクトリーとは眼鏡店なんです。

ただ「今までずっと目が良かった」「だから眼鏡なんて必要ない」「なので眼鏡屋に用事がない」
という方は世の中にはたくさんいらっしゃると思います。

しかし、年齢と共に誰しもにやってくる「老眼」(名前の響きがイヤですよね)によって
眼鏡デビューを果たした方もいらっしゃると思います。
(実際目の良い方が早く来るといわれています…)

そもそも老眼って何なのか?

「老眼」とは、年齢を重ねるとともに手元の細かい文字が見えづらくなる症状を指します。

老眼は、ピントを調節する毛様体筋の力が、加齢とともに弱まって起こります。
加齢現象なので、足や腕の筋力が弱まるのと同様に、誰にでも起こるものなのです。

近くの文字を読んだあと、ふと遠くの景色を見たら視野がぼやけてしまい、すぐにピントが合わないなど
見え方にタイムラグを感じたことはありませんか?

老眼の初期症状はこのような状態が始まり。最初から手元が見えなくなるわけではないのです。実は、手元の文字が見にくくなるのは、老眼がある程度進んだときに出る症状です。

老眼がはじまるのは40代から
スマホ・パソコンをよく使う人は35歳を過ぎたら老眼鏡を検討するとベター

目がピントを合わせる「調整力」のピークは10代前半といわれています。20歳をすぎるころにはピークをすでに過ぎており、そこからは徐々に衰えていきます。特にパソコンやスマホをよく使う人は、35歳頃から老眼の初期症状が出やすくなるといわれています。

老眼鏡の使用は40代後半や50歳以降という人が目立ちますが、30代でも老眼を疑い、手元の文字が見にくい状態が続くようであれば、老眼鏡の使用を検討してみてください。

例えばこんな症状はありませんか?
・本や新聞が読みづらくなった
・スマホ画面を見る時に遠ざけてしまう
・近くを見る時にピントが合いづらい
・パソコンを使った後に疲れやすい
・肩こりや頭痛がなかなか治らない

老眼にお勧めするレンズについて

『ZEISS遠近両用レンズ』4種類の異なるレンズ性能

【堀江店】『ZEISS遠近両用レンズ』4種類の異なるレンズ性能

『ZEISS Office Lens』最長明視域(M.I.D)技術を駆使した

【堀江店】最長明視域(M.I.D)技術を駆使した『ZEISS Office Lens』

自分に合った老眼鏡を

老眼により、手元が見えづらくなる症状は、ほとんどすべての人に起こります。
また、「老」という名前とは裏腹に、早い人で30代後半からと、比較的若い年代から症状が現れはじめます。

ピントの調節スピードや、手元の見えづらさを感じたら無理をせず、自分に合った老眼鏡で見え方をサポートしましょう。

また、老眼は徐々に進行するものです。あまりにも急に近くが見えにくくなった場合は、眼病など老眼以外の可能性もあります。もし不安な場合は一度眼科を受診してみてください。

グラスファクトリーでは日本初導入となるヨーロッパの最先端医療の測定機器を使用し
『ドイツ式ハーゼ理論に基づいた世界最先端の両眼視機能検査』
で左右・上下の眼位(視線)のズレを測定し特殊なプリズムレンズで眼位矯正を行うことにより
今までモノを見る時に余分に掛かっていた眼を動かす筋肉と脳の疲労を軽減することで眼精疲労(目の疲れ・疲れ眼)、肩こり・首こり、頭痛を改善する「快適で楽に見え負担が少ない」メガネをお作り致します。
※下記のバナーから来店予約頂けますとお待たせする事なくスムーズにご案内することが出来ます。

両眼視機能検査ってどんな検査なの?

ZEISSオーダーメイドレンズが出来るまで(来店からの流れ)


Staff Profile
上島 英智(Hidetomo Parisien Uejima)

商品ブランディング ならびにInstagram運営担当

1977年1月7日生まれ(42歳)/A型

奈良県出身/大阪市在住

座右の銘、好きな言葉:「Qui se ressemble s’assemble」(類は友を呼ぶ) / 外見は1番外側の中身

趣味:音楽(主にJazz & House) 映画鑑賞 / 買い物 / ワイン&食べること / 海外旅行 etc

 

【私のこだわり】
眼鏡と洋服とフランスをこよなく愛し、毎シーズンごとのトレンドを意識しながら、フレンチ&海外生活で培った「グローバルな視点と日本人らしさ」をベースに自分と由縁のある場所や人、ブランドの時代背景をも融合させたMIXスタイルが得意。その他、この業界に入ったきっかけなど、スタッフインタビューはこちら

【最後にひと言】
眼鏡業界歴20年の知識と経験はもちろん、お客様の個性・ライフワークをしっかりとお伺いさせて頂き、従来の「眼鏡店」の固定概念にとらわれない「眼鏡と洋服のトータルコーディネート」スタイリング提案ならぜひ私にお任せ下さい。