LENS

症状について:単焦点レンズ

1枚のレンズに1つの補正機能を持つレンズの事を言います。
すなわちレンズ全体で度数が同じで、視力矯正手段として最も一般的なレンズになります。

近視、遠視、乱視の人の眼に合わせて

近く専用

遠く専用

中間距離専用

老視の補正にも使われます。
※老視の場合、近く専用では遠くが見えにくい、遠く専用では近くが見えずらかったりするので掛け替えが必要になる事があります。

近視とは

「近視」とは、簡単に云うと「手元の近距離はよく見えて、テレビやホワイトボードドライブ距離などの遠方が霞んで見えにくい目」となります。
度数が強くなる程、より近くにピントが合い、遠くのものは霞むことになります。

遠視とは

「遠視」と聞くと、多くの人は「遠くが見える目」と想像されると思います。
しかし、正しくは「ピント合わせの努力をしなければ、遠くにも近くにもピントが合わない目」なのです。
遠視が良く見える目と誤解されているのは、ピント合わせを行っているためなのです。
遠視は遠くを見ているときにもピント合わせの努力を続けていますので非常に疲れやすい目なのです。
学校や職場での検診では良い視力値が得られますので、目には問題がないと思っている人が多いようです。

乱視とは

「乱視」とは、例えば縦線と横線が書いてあるモノを見た時に「縦線がよく見える」などの
「方向性によって見え方が異なる状態」を言います。 縦方向が見えにくい場合、横方向が見えにくい場合、斜め方向が見えにくい場合と方向は様々です。

老視とは

老視とは、加齢に伴うピント調節力の低下です。
人は年をとると、眼の中にある水晶体と呼ばれるレンズが徐々に弾力性を失って硬くなります。
そのため遠くが見えている状態では、近くのものにピントが合わなくなります。
老眼を自覚するのは40歳代半ばくらいが多いのですが、近くを見る機会が多い近年では40歳前後で症状を訴える人が増えています。

レンズコンテンツのTOPに戻る