STAFF BLOG

【オフィシャル】「DITA&THOM BROWNE FAIR」12月14日から全店で開催中!

2019.12.08

グラスファクトリーのBLOGをいつもご覧頂き誠にありがとうございます。

【DITA&Thom Browne FAIR】

2019年12月14日~2020年1月12日

「BRAKE THE MODELS(型にはまるな)」をコンセプトに斬新で新しいスタイルを提供し続ける『DITA』
アメリカントラッドを追求しモダンかつラグジュアリーで遊び心のあるデザインを提案する『Thom Browne』

どちらもハンドメイドにこだわり、一切の妥協がないフレームばかり。
この度『DITA』『THOM BROWN』の2つのブランドのフェアを同時開催致します。

期間中だけの特別なラインナップをご用意してお待ちしております。
是非、この機会にご来店くださいませ。

各店舗のフェア展開

「神戸店」

「堀江店」

「ヒルトン梅田店」

ブランド紹介

『DITA』

DITA
「BREAK THE MOLDS(型にはまるな)」をコンセプトに幼いころから固い友情で結ばれたジェフ・ソリオとジョン・ジュニパーの2人により精巧かつ革新的なデザインのアイウエアを作ることを目指し1995年にロサンゼルスにてDITAを設立。
高い品質への飽くなき追求がDITAの商品を他にはない特別なものにしています。

最高の品質を追求した結果、行き着いたのは長い職人技の歴史を誇る国、日本でした。
自社工場では熟練した日本人の職人が一切の妥協を許さない最高の仕事をするべく日々励んでいます。
フレームの1つを製作するには320にもわたる細かな工程と、8ヶ月以上という月日を必要とします。
こうした職人たちは、昔ながらの手法と革新的な製造技術、テクノロジーを駆使し、高品質なメタルとアセテートの手間暇をかけ魂のこもった贅沢なアイウエアに仕上げていきます。

ファッションモデルやクリエイティブ業界の特にエッジ―な人たちがプライベートで好んで使用していることでアメリカ全土から世界に瞬く間に広がり、世界中のファッショナブルな人々やクリエイティブなマインドを持つ人々を常に魅了。
ハリウッド等でもファンは多く、公式ウェブサイトでもキャメロン・ディアスやブラッド・ピット、アンジェリーナ・ジョリーや二コール・リッチーといった豪華な面々が好んで愛用しその顧客リストに名を連ねています。

『THOM BROWNE』

デザイナーThom Brownが自身の名前を冠して作った「トムブラウン」
2001年にスタートしたアメリカのファッションブランドです。
2006年にCFDAファッションアワードの「メンズデザイナー・オブ・ザ・イヤー」を獲得した事から徐々に名が知られるようになりました。

アメリカのトラッドに拘り、アメリカの黄金時代と言える1950年代後半~1960年代前半時期のファッションスタイルにインスピレーションを受けたコレクションはクラシックでエレガントなのに、個性もバランス良く融合された洗練されたデザインになっています。

メガネの製造はハリウッドのアイウェアブランド「DITA(ディータ)」が手掛け見るからに高品質でラグジュアリーなメガネ、サングラスは全て日本製です。


メガネのテンプルエンドには星条旗を表すトリコロールカラーのチップがセットされています。
スーツの袖口、シューズ、カーディガンのボタン部分にも使用されておりトムブラウンのブランドのシンボルになっています。

グラスファクトリーSTAFFおススメの眼鏡と洋服のコーディネートを紹介していきたいと思います。

ヒルトン梅田店STAFF 藤園のおススメ


THOMBROWNE TBX915-50 C-WG-BKE ¥51,000+tax
※梅田店入荷

レンズサイドの空間、やや下に溶接されたブリッジ、円柱状の蝶番などシンプルながらも特徴の多い超軽量ボストンフレーム。
調整も細かくできる仕様になっており、掛け心地も抜群です。

男性的なメガネが多いトムブラウン中、柔らかく大らかな雰囲気は女性にお勧め。
超軽量で、お鼻にかかる負担も少ない丸メガネです。

藤園お勧めを使ったコーディネート

ブラウンニットに黒のスカート。
落ち着いた色目を使った上品で落ち着いたコーディネートに黒×金のアイウェアで華やかさを出しています。
ニットの茶色に映える金の色味がアクセントになっています。

ヒルトン梅田店STAFF 佐野のおススメ

ASH col.BLK-SLV
DITA ASH ¥48,000+tax
※梅田店入荷

デザイナー ジェフ・ソロリオの「どんな顔型にもフィットする、クラシックでありながら超軽量のオプティカルのシリーズを作りたい。」という構想を形にしたのがAsh、Buckeye、Birchです。
ディータらしさを存分に感じさせる、クラシックでありながらコンテンポラリーなメガネです

ネイビーとアンティークゴールドのコンビネーションのフレームカラーに合わせて、
ブルーにベージュのウインドウペンのジャケットに白のカットソーとベルトレスのミリタリーディテールを取り入れた
”グルカパンツ”で合わせました。

シンプルになり過ぎるので首元にはネッカチーフでアクセントを持たせたコーディネートです。


神戸店STAFF 笹沼のおススメ


DITA FICTA BLACK/ROSEGOLD ¥51,000+tax

DITA Showgoer のエレガントで上品な姉妹モデル、Ficta。
共通する構造の要素をさらにやわらかく、ゆるやかなフォルムへと進化させています。
美しく磨かれたフレームのブロウ部には薄いチタンを内蔵し、定番のシルエットをワンランク上の精錬へ。
Ficta には、カスタムワイヤーコアなど、アイウェア愛好 家たちをもうならせる、数多くのラグジュアリーなディテールが満載です。

チャコールグレーニットに黒のスカートの着こなし。
ワントーンで統一した上品で大人のコーディネートに
女性的なデザインかつワンポイントのローズゴールドが映えるDITAのアイウェア。


DITA MONTHRA C-NVY-GLD ¥58,000+tax
※神戸店入荷

細みのフレームを最近かけ続けているので、その反動でボリュームアップした眼鏡を掛けたい!
と、思っていた時に出会ったのがコチラ。
単純にボリュームアップしただけのフレームだと、メンズライク寄りになりすぎを
男性には掛けられない、女性らしさも加えたポイントがお気に入りです。
しかも、黒に見えて、深------いネイビーってとこも、更なるおすすめポイントです!


THOM BROWNE TBX411 – C-01AF//BLK ¥53,000+tax
※神戸店入荷

今回少しオーバーサイズでレトロ感漂うフレームに、コムデギャルソンのシャツにScye(サイ)のスカートでコーディネート。
全体は黒を基調にシンプルにまとめながらも、ブリティッシュ要素のあるタータンチェック柄にハイウエストのシルエットで平坦な表情に少しのアクセントをプラスしています。

神戸店STAFF 神門のおススメ


THOM BROWNE TB-903B C-NVY-GLD ¥58,000+tax
※神戸店入荷

バーブリッジが足されることで生まれる見た目の“重さ”
下部をナイロールで構成することですっきりとした抜け感を生み出し、スッとまとまります。
造形としてバーブリッジがやや弓のように反ることでシャープに見え、ブローラインがキレイです。
構成に絶妙な変化を付けクラシックを現代風に掛けやすくアレンジする。
それがTHOM BROWNE EYEWEARがモードと呼ばれるポイントだと思います。

神門お勧めを使ったコーディネート

紺Wブレザー、黒ニット、黒スラックスのコーディネート。
紺×黒のモードでよく使われる色使いをオフィスカジュアルな着こなしで採用。
またそんなモードな合わせに「ThomBrowne」のアイウェアが良く合います。
アクセントの金も上品さをプラスしてくれています。

 


堀江店STAFF 上島のおススメ


DITA Stateside C-NVY-SLV ¥65,000+tax
※堀江店入荷

極細のメタルテンプルが特徴的なSTATESIDEは
クラシカルスタイルをベースにしながらも現代的な雰囲気が漂うDITAらしいアイウェア。

超弾性テンプルが軽やかかつしなやかな掛け心地と、洗練された印象を与えてくれます。
フロントに少しだけ浸食したデザインのメタルパーツのブリッジやL字型ヒンジなどこだわりのディテールがお洒落心をくすぐります。
ノーズはクリングスタイプですが、薄型でリムに綺麗に沿うラインと、こちらもメタルパーツと野暮ったさはありません。
細身のリムで少しエッジの効いた角っとしたウェリントンシェイプです。

上島お勧めを使ったコーディネート

千鳥ジャケット、デニムシャツ、紺ネクタイ、カーキコットンスラックスのコーディネート。
メガネをアクセントで使うというよりも今回は着こなしに馴染ませるように意識。
シャツ&ネクタイと同系色で主張を抑えています。

堀江店STAFF 森のおススメ


THOMBROWNE TB-011G-4 C-GRY-GLD ¥65,000+tax
※堀江店入荷

ブランドのアイコンカラーの一つでもありながら、
中性的なカラーで男女共に人気のあるトムブラウンのマットグレーカラー。
モデル自身の高級感にプラスされるカラーからの品の良さでさらに良い眼鏡の質感を高めています。
代表的なモデルのTB-011 において、定番カラーのブラックなどではない少し違いが見せられるアイテムになるかと思います。

森お勧めを使ったコーディネート

グリーンのスクールジャケットに黒シャツ、黒スラックスのコーディネート。
選んだのはマットグレーのアイウェア。
黒ではなくマットグレーを選んだ理由は顔なじみの良さ。
全体的に主張が強いアイテムの為のチョイスです。

堀江店STAFF 工藤のおススメ


DITA ARGAND51 C-TRT-GUN ¥48,000+tax

機能美を追求した超軽量のフェザーライトコレクション。

フレームを、極薄アセテートとチタンテンプルで仕上げたARGANDは
アイウェア業界の現代の技術を取り入れた、定番スタイルの進化系。

フロント部分は、厚みのあるアセテートの生地から削りだしで薄く製作。
強度と軽量化、美しいフォルムを実現、存在感はありつつ軽量でとてもかけやすいモデルです。
テンプルのダイヤカット、オリジナルの六角ネジを使用し高級感は十分です。

紺のジャケット、チェックシャツ、グレースラックスの定番な着こなし。
フロント部分がセルでありながら主張が少なく上品なコンビネーションフレーム。
テンプルのダイヤカットがいいアクセントになっています。


GLASS FACTORY HeadQuater乾のおススメ


DITA KOHN47 C-MBK-BKI ¥60,000+tax
※梅田店入荷

テーマは「スーツStyleに少しアクセント」
グレーのストライプスーツに白のシャツ、そしてアクセントに赤のスカーフの着こなし。
正統派なグレーストライプスーツの雰囲気を壊さないかつ遊びが欲しかったので黒のDITAをチョイス。


THOM BROWNE TBX-911-45-01 C-BLK/GLD ¥62,000+tax
※梅田店入荷

テーマは「都会的なサファリStyle」
紺のサファリジャケットに紺のニットシャツ、そして濃紺のデニムスラックスの着こなし。
黄色のスカーフに合わせてゴールドが入ったメタルフレームの眼鏡。