• TOP>
  • スタッフブログ>
  • 【神戸店】「とにかく眼がつらい」複数ディスプレイのPC作業で眼を酷使しているお客様の症例

【神戸店】「とにかく眼がつらい」複数ディスプレイのPC作業で眼を酷使しているお客様の症例

2022.07.16

こんにちは。

   (@staff10554752))

グラスファクトリー神戸店の神門です。
今日は、日々眼鏡をお作りさせて頂いているお客様の症例をご紹介させていただきます。

 

問診・カウンセリング

お客様の年代:40代 

お困りな点・日頃の症状

リモートディスプレイを使いながら長時間作業。

近くから遠く又はその逆の視線を動かす時に焦点が合いづらいといつも感じている。

ディスプレイの画像がぼやけて見えたり、不安定に見えることがいつもある。

頭痛、目の疲れ、首の痛みや肩こりを症状が重度だと感じている。

問診の段階で日常的にかなり眼を酷使されている症状がありました。

ドイツ式両眼視機能検査の結果

・強度の乱視があることが分かりました。(左右共に−5,0近い乱視)

⋅ドイツ式両眼視機能検査の結果、外斜位と上下の斜位があり共に斜位量が多いということがわかりました。

人間の眼は片方の眼だけでも当然見ることはできますが、物を立体的に捉えるためには両眼を使うことが重要です。
両目の位置は違いますから、当然異なる角度から物が見えていることになります。
そして、両眼で見た二つの映像のは脳で計算され一つの映像になります。
このように両眼で見ることによって、立体感や距離感を感じることができるのです。

この両眼で見る機能の異常で、斜視や斜位が起こります。

 

斜位(隠れ斜視)とは

斜位があると融像作業(両眼で一つに合わせようとする)の為に
継続的なエネルギー負担が外眼筋にかかり、
斜位が無い方と比べると眼精疲労が生じます。
この状態が続くと感覚神経性変化が生じ、この感覚性神経変化は疲労度に従って
立体視感の遅滞、距離感の誤認、融像能力の低下を引き起こします。

一日中普通の人より目に負荷をかける状態が続くことで
・過度な負荷に耐えきれず視線のズレを修正できなくなりふとした時に視線がズレだす。
・重度の肩こりや偏頭痛持ち
・眼が疲れやすい、人と同じようにスマホ・PCを長時間見れない
などの症状をお持ちの方が多いです。

しかも、視線にはズレがないので自覚されている方も少なく、
グラスファクトリーでは、眼精疲労や頭痛がするお客様の検査をしていたら「斜位」だった、といったことも少なくありません。

この検査で検出された眼位矯正を行うことにより、今までモノを見る時に余分に掛かっていた眼を動かす筋肉と
脳の疲労を軽減することで、眼精疲労(目の疲れ・疲れ目)を抑え、肩こり、頭痛を改善できる可能性があります。

これにより、楽に近くのモノを見る事が出来たり、立体感や遠近感のある見え方になります。
このお客様はプリズムレンズは初めてでした。

確かに人の目と脳は直結しているため、殆どの方は、慣れるまで2週間〜1ヶ月ほど時間がかかります。
再度プリズムレンズも入った状態で遠近及び中近のレンズをお試しいただきましたが、眼をかなり酷使されている
こともあり累進レンズの装用することが難しかった為、今回はPC用と遠方用と分けて作製することに。

 

【神戸店】プリズムレンズによる眼位矯正とは?

今回ご利用頂いたレンズ

PC用と遠方用共に単焦点レンズで作製。

ZEISS Single Vision Individual  Lens  

単焦点レンズは、レンズの全面に単一の度数を有するメガネレンズです。

単焦点レンズは、近くを見る時、または遠くを見る時の視力を矯正するために使うことができるので、遠用メガネと老眼鏡の両方の基礎になっています。

症状について:単焦点レンズ

単焦点レンズは、レンズの全面に単一の度数を有するメガネレンズです。

単焦点レンズは、近くを見る時、または遠くを見る時の視力を矯正するために使うことができるので、遠用メガネと老眼鏡の両方の基礎になっています。

ZEISSオーダーメイド単焦点レンズ『ZEISS Single Vision Individual』の最新技術

 

 

 

眼鏡お渡し後の様子(次回ご提案)

約3ヶ月後

「PC用の見え方は良く、眼の疲れを感じる事も以前より少なくなっている。遠方用も良く使えていて、ゴルフの際に
球の行方を以前よりは追えるようになり、グリーンの距離感もつかめるようになった。」とお話を聞くことが出来ました。

 

 

お客様の生活環境に合わせて眼鏡レンズをお選び頂く事が
お客様自身の生活を豊かにして頂ける事に繋がると思います。

・眼がとにかく疲れる(眼精疲労を強く感じる)
・物が時々、二重に見える
・遠近感を感じにくい
・本を読んでいて一瞬目を離すとどこを読んでいたのか分からなくなる
・ドライアイ症状である

など、眼からの違和感を感じる事があればまずはご相談ください。

 

【オフィシャル】ためしてガッテンで取り上げられた「サギングアイ症候群」について


【安全にお買い物頂く為に事前に「来店予約」をお願い致します】

グラスファクトリーでは新型コロナに対応した除菌消毒を徹底した接客を心掛けております。

また、ご来店に際しまして、現状を鑑み感染対策をしっかりとさせて頂きます。お客様の混み合う状況を避け、安心してごゆっくりご覧いただける様に
現在グラスファクトリーでは「来店予約優先制」で営業させて頂いております。

以下の来店フォームよりご予約をお勧めしております。
メールにてご予約いただいた方には、折り返しメールにてご連絡をさせて頂きます。

グラスファクトリーの視力測定では『ドイツ式世界最先端の両眼視機能検査』で
「快適で楽に見え負担が少ない」メガネを作る為に測定には約1時間のお時間を頂戴しております。

【神戸店】密を避けるためのご来店予約

来店フォームでのご予約

お電話、メールでのご予約

『GLASS FACTORY 神戸店』
電話番号:078-392-3080
メールアドレス:gfkobe@glassfactory.co.jp

ZEISSオーダーメイドレンズが出来るまで(来店からの流れ)

【神戸店】ZEISSオーダーメイドレンズが出来るまで(来店からの流れ)

 

世界最先端の『両眼視機能検査方法』について

【神戸店】両眼視機能検査、そして世界最先端の視力測定を可能にする視力測定スペース

 

 

 

 

 

 


 

 

『STAFF PROFILE』神門 良平(Ryouhei Kamikado)

1989年生まれ 大阪在住
趣味:スポーツ(テニス、サッカー)/ 映画鑑賞 / 料理 / etc

豊富な商品に対する知識に基づいてのコーディネート提案を得意としています。
オシャレな眼鏡をではなく、お客様にとってのベストな眼鏡を

ご提案するをモットーにしてTPOに合わせてオススメさせて頂きます。

【GLASSFACTORY公式SNS】