STAFF BLOG

【眼鏡コンサルタント】ともぞうがおススメするスポーツ用メガネとは?

2021.06.26

こんんちは。

眼鏡コンサルタントのともぞうです。

記事を書いている人

ともぞう@業界一熱い男 (@tomozo_urabe)

『眼鏡コンサルタント』ともぞうです。
久しぶりの投稿になります。皆様お元気でしたか?ともぞうはYouTube始めたり筋トレ始めたり、毎日何か新しい事に挑戦しています。

さて今回はこれからの時代に適したスポーツ用の眼鏡を紹介したいと思います。コロナ禍で明らかに余暇の過ごし方がインドアからアウトドアに移ったこの時代、ともぞうがおススメするスポーツ用の眼鏡をご紹介します。

 

スポーツ用の重要ポイント

スポーツ用やアウトドアで使用する眼鏡でイメージするのはオークリーなどのスポーツブランド。でもそういうブランドの眼鏡って普段も並行して使用するのが難しい場合が多いですよね?
だから普段も掛けれてスポーツにも使える眼鏡が理想かなと思います。

そんな眼鏡のともぞうがおススメする重要ポイントは下記の3点。

  • 軽さ
  • 視界と見え方の確保
  • 普段も使える


「軽さ」

やっぱりスポーツにも使う場合の一番の重要ポイントは「軽さ」。やはり重量が重たいと不快で、走ったりするときは特に軽さが必要になってきます。
そこでフレームの素材はアセテートではなく樹脂製のフレームがおススメ。軽さに加えて変形しにくい利点もあります。

 

「視界の確保」

視界の確保はスポーツをするうえで絶対条件。また釣りなどのアウトドアでも視界が狭いと危険を回避できない場合があります。眼鏡フレームで視界を確保しようとすると以前はカーブのついたフレームを選んで目に近い位置で眼鏡を掛ける方法がありました。でもその掛け方だと度数を入れた際に見え方が普通の眼鏡と違ってしんどくなり、慣れるまでかなりの時間を要するような事が頻繁にありました。
最近は技術の進歩により、ある程度のカーブまでであれば普通の眼鏡の見え方と限りなく近いレンズを入れることが出来ます。特にカールツァイスのインディヴィジュアルレンズは、眼とレンズの距離(角膜頂点間距離)、そり角(フレームカーブ)、前傾角(顔に掛けた状態の眼鏡を見た際の前傾の角度)を測定することにより、普通の眼鏡の見え方に限りなく近い見え方になるように補正することが出来ます。

 

「普段も使える」

よっぽどのプロ志向でない限り、オンとオフで眼鏡を使い分ける方は少ないはず。なのでバリバリのスポーツテイストの眼鏡は仕事に掛けて行くのはちょっと?って方も多いのでは?

そこでグラスファクトリー堀江店様の店頭からともぞうのオススメ3点をご紹介します。

 

STARCK SH1043X C-0028 

 

このフレームのフロントは成型(インジェクション)でできているので軽量。フレームカーブは4カーブですが、掛けた感じはかなり顔にフィットした感じなのでフレームが視界の邪魔になりにくいフレームです。

 

JAPONISM JN-583 C-004

金属部分はチタン製。フロントのプラスチック部分は成型(インジェクション)でできているので軽量。まさに視界を確保するために付けられたフロントカーブが特徴。仕事も遊びも両方使えるフレーム。

 

JAPONISM JN-647 C-003

 

これはイレギュラーなカーブ付きフレーム。樹脂製に比べて軽くはないですが視界の確保には最適。リム部分も厚みがあるため、気になるレンズの厚みを隠せます。

 

まとめ

以上いかがでしたでしょうか?今までになかった感じのスポーツ用の提案です。これもレンズが進化したおかげで提案できるようになりました。多少レンズは高価になりますが最先端のレンズを使って今までになかった眼鏡の使い方を体験してみてはいかがですか?

 

ありがとうございます。

『眼鏡コンサルタント』ともぞうでした。


【眼鏡コンサルタント ともぞう】
【眼鏡業界を人から変える熱い男】㈱グラスファクトリー人材育成責任者/これからの時代に合った視力測定&フレーム知識について発信/《経歴》眼鏡士取得▷眼科3年▷眼鏡店店長12年▷仏メガネブランド「Face a Face」代表4年▷眼鏡生産事業6年▷眼鏡コンサルタント/ ツールインターナショナル(株)代表取締役
【ともぞうSNS

                

【眼鏡コンサルタント】眼鏡コンサルタントの初めての自己紹介!


お客様の混み合う状況を避け、安心してごゆっくりご来店いただけるよう
現在グラスファクトリーでは来店予約優先制で営業させて頂いております。
グラスファクトリーの視力測定では『ドイツ式世界最先端の両眼視機能検査』で
「快適で楽に見え負担が少ない」メガネを作る為に測定には約1時間のお時間を頂戴しております。

来店フォームでのご予約

お電話、メールでのご予約

『GLASS FACTORY 堀江店』
電話番号:06-6536-3337
メールアドレス:gfhorie@glassfactory.co.jpq