STAFF BLOG

精度の高い視力測定がQOLを豊かにする。

2021.04.24

こんにちは。
親戚一同メガネ業界勤務の眼鏡サラブレッド、ぬいぬいと申します。
いつもグラスファクトリーのブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。

書いている人Twitter(@nuinui_dayo)でも発信中です!

 

皆さんは「視力測定」と聞いたときに何を思い浮かべますか?

風船?Cマーク?実はどちらもグラスファクトリーの視力検査では出てこないんです。

グラスファクトリーの視力検査は皆さんが経験してきた視力検査とは一味違います。

今回は皆様に、グラスファクトリーがどれだけ視力測定に力を入れているのか、そしてこの視力測定でどれだけ今までとは違う視界を手に入れられるのかをご紹介したいと思います。

 

グラスファクトリーの視力測定の魅力

眼精疲労の軽減をサポート

頭痛や首・肩こりを引き起こすと言われる眼精疲労。グラスファクトリーでは、眼精疲労の原因となる項目を詳細に測定し、一人一人に合わせた眼鏡レンズを作成することで眼精疲労の軽減を目指します。

 

より鮮明で、クリアな視界に。

夜になると見えにくい、文字を目で追いづらいなど、視界にまつわるトラブルも、最先端の眼鏡レンズなら対応できます。明るくクリアな視界は、パフォーマンスの向上だけでなく安全な暮らしのためにも不可欠です。

 

目のトラブルの原因は様々

眼精疲労の原因

左右の眼球のズレが、疲労の一因に

眼精疲労の原因には目の酷使が挙げられますが、意外と気付きにくい要因として左右の眼球の向きがずれる斜視や斜位があります。斜視や斜位があると目を動かす筋肉や脳にも負担がかかり、眼精疲労につながります。グラスファクトリーでは、精密な検査で眼精疲労の原因を徹底的に探ります。

視界の違和感の原因

眼に合わない低精度の眼鏡レンズ

眼鏡をかけているのに視界に違和感がある場合、レンズの度数が合っていないという問題に加え、トラブルの原因が見落とされて必要なフォローができていないことが考えられます。グラスファクトリーでは度数を従来の0.25D刻みから0.01D刻みにした精度の高いレンズに加え、様々なトラブルに対応するオプションを提案いたします。

 

今までにない革新的な解決アプローチ

グラスファクトリーでは一般的な眼鏡店とか異なる、高精度の検査手法とレンズ精製技術によって、これまで諦められていた眼のトラブルの解決を可能にします。
一人一人のお悩みに、最適なレンズソリューションをご提供し、最高級の視界をお届けします。

 

高精度のドイツ式両眼視機能検査

グラスファクトリーでは、高精度のドイツ式両眼視機能検査を採用。左右の眼から入った情報が脳で正確に認識されているか調べ、上下左右の視線のズレを測定します。また、遠視や乱視の数値もより正確に測定できるなど、より高度な検査が可能です。

 

カールツァイス社の最先端テクノロジー

グラスファクトリーが導入しているのは、世界の光学レンズ技術をリードするドイツ・カールツァイス社の測定機器と眼鏡レンズ。精度の高い機器で測定を行い、測定結果をアルゴリズム解析することで、より一人一人にフィットした眼鏡レンズを作成します。

 

4つの測定器具であなたの視界を最適化

 

i.Profiler:昼夜の見え方や乱視を見抜く

乱視の原因となる眼球の形状や、夜間の見え方に関わる角膜の表面の荒れを計測するi.Profiler®︎。最適な眼鏡レンズ作成に必要となる、精密な屈折データを取得します。

 

i.Terminal:フレームに対する眼とレンズの位置関係を正確に測定

フレームに合わせた眼鏡レンズ設計を瞬時に行うi.Terminal®︎。瞳孔や角膜の位置、眼とレンズの角度等を測定し、眼とフレームに最適な眼鏡レンズの作成に役立てます。

 

i.Scription:革新的アルゴリズムで0.01単位の度数調整を

従来の0.25D単位からより精密な0.01D単位での度数調整を可能としたi.Scription®︎テクノロジー。周囲の明るさによって変わる瞳孔の開きも考慮した眼鏡レンズ設計で、夜間の視力改善や色覚及びコントラストの調整もサポートします。

 

究極のカスタマイズレンズ

一般的な眼鏡店が提供する眼鏡

フレームに対して、平均的なアイポイントで設計された、量産レンズが装着されているため(度数は0.25単位)、個体差によって視界のズレが生じ、眼精疲労や眼鏡本来のパフォーマンスが発揮されにくいことがあります。

 

グラスファクトリーが提供する眼鏡

フレームをかけた際の両眼の位置、鼻の高さに合わせてレンズ位置を計測し、その計測したアイポイントを中心に0.01単位でレンズの精製を行うため、完全にパーソナライズされた最高級の視界を体験できます。

 

モニター事例

「匠」の一級建築士の立体感、
遠近感と図面作成における見え方の改善

「図面を長く見ると目も疲れるし、肩が凝って、ひどい時には頭痛までする」というお話を伺い、もしかすると、眼位(視線)のズレが原因で眼の疲れや肩こり、頭痛があるのかもしれないと思い、両眼視機能検査をさせていただきました。
測定の結果、外斜位という視線を内側に寄せるのに必要以上に余分な力がかかる眼をされていました。プリズムレンズという特殊なレンズを使用し、眼位のズレを矯正するレンズでメガネをお作りすることで、立体感のある見え方になり楽に内側に眼を寄せることもできます。

前田 由利 様
一級建築士事務所 YURI DESIGN 代表

お客様のレビュー

今回のメガネで見ると凄い立体的に見え、今までのメガネでは判別しきれなかった立体感が分かるようになりました。今までのメガネでは、手元の図面を見る時にはメガネを外していましたが、このメガネでは掛けたまま見えていますし、1日仕事をしていると眼の奥が重いというか痛いという感じでしたが、その眼の奥の重さや痛みは無くなりました。

 

ご利用の流れ

1.WEB予約&来店

まずはお近くのグラスファクトリー店舗へ来店予約をしてください。もちろん来店予約をしなくても測定・購入は可能ですが、来店予約をしていただくとお待たせすることなくスムーズにご案内できます。

2.問診・検査

専門スタッフがお客様一人一人のライフスタイルやご不満に合わせて、お持ちいただいた眼鏡の使用用途を擦り合わせ、今までにない高精密な視力測定とレンズ製作を行います。
※レンズごとの見え方の違いをVRで体験いただきます。

3.フレーム選定

問診でお決めいただいた使用用途、そして測定させていただいたレンズの性能が一番発揮されるフレームをお客様のお好みに合わせてご提案させていただきます。

4.フィッティング

超精密度数でレンズをお作りしてもアイポイントや前傾角、そり角等フィッティングポイントがズレていては、レンズ本来のパフォーマンスが発揮されません。最新のデジタル機器で計測し、レンズに反映させます。

5.お渡し

度入りメガネの仕上がりがご注文から約1週間になります。仕上がり後に再度ご来店いただき、最終調整のご確認の後、お渡しさせていただきます。

 

来店フォームでのご予約

 

GLASS FACTORY3店舗の営業時間

堀江店:営業時間 11時~19時 (定休日:水曜日)
神戸店:営業時間 11時~19時 (定休日:水曜日)
ヒルトン梅田店:営業時間 11時~19時 (ヒルトンプラザイーストの営業に準ずる)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

⬇︎ぬいぬいの活動はこちらから

ーーーメガネを作るまでが覗ける記事ーーー

ご紹介させていただいた世界最先端の視力測定で実際メガネを作るまでの工程をご紹介しています。

メガネを買うまで覗いてみた。ー眼鏡では矯正できない強度な『不正乱視』を持つスタッフの場合ー

 

ーーーメガネの豆知識の図解発信ーーー

隔週でメガネの豆知識を制作したりもしています✨
よろしければ見てみてください!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

関西写真部さんに掲載いただいたグラスファクトリー記事⬇︎

眼精疲労の原因は度数の合わない眼鏡?高い精度の視力測定がライフスタイルを豊かにするワケ

GLASS FACTORY3店舗の営業時間

堀江店:営業時間 11時~19時 (定休日:水曜日)
神戸店:営業時間 11時~19時 (定休日:水曜日)
梅田店:ヒルトンプラザイーストの営業に準じ4月25日~5月11日まで臨時休業とさせて頂きます。

 

グラスファクトリーのコロナ対策について

グラスファクトリーでは新型コロナに対応した除菌消毒を徹底した接客を心掛けております。

また、ご来店に際しまして、現状を鑑み感染対策をしっかりとさせて頂きます。
お客様の混み合う状況を避け、安心してごゆっくりご覧いただける様に
現在グラスファクトリーでは「来店予約優先制」で営業させて頂いております。

以下の来店フォームよりご予約をお勧めしております。
メールにてご予約いただいた方には、折り返しメールにてご連絡をさせて頂きます。

皆さまのご来店をお待ちしております。

 

全店で来店予約制を導入

予約システム【Airリザーブ(エアリザーブ)】 - リクルートの予約管理 ...

今後、グラスファクトリーは3密の密集を避ける為に来店予約制を導入して運用していきます。
お手数お掛け致しますが来店フォームもしくはお電話、メールにて宜しくお願い致します。

来店フォームでのご予約

お電話、メールでのご予約

『GLASS FACTORY ヒルトン梅田店』
電話番号:06-4796-7266
メールアドレス:gfumeda@glassfactory.co.jp

『GLASS FACTORY 堀江店』
電話番号:06-6536-3337
メールアドレス:gfhorie@glassfactory.co.jp

『GLASS FACTORY 神戸店』
電話番号:078-392-3080
メールアドレス:gfkobe@glassfactory.co.jp