STAFF BLOG

運転中のサングラス着用は危険!?おすすめの色やレンズについてお話しします。

2021.03.18

こんにちは

グラスファクトリーのBLOGをいつもご覧頂き誠にありがとうございます。

3月も中頃、だんだんと春の空気を感じるようになり、外を歩く時に感じる日差しがだんだんと強く感じるようになりました。

 

運転中にサングラスを掛ける?

車の運転をされる方はサングラスを掛ける方が少なく無いですよね。

日差しが眩しい状態でクルマを運転することは、事故の原因にもなりかねません。そこで、日差し対策として、サングラスをかけて運転をしている方もいらっしゃるかと思います。

ですが、サングラスで運転するのは危険な場合があることをご存知ですか?

この記事では、サングラスを掛けるメリットや注意点、運転する時にオススメなサングラスをご紹介します。

 

運転中のサングラス着用の危険性

もちろんサングラスを掛けること自体は、強い眩しさを和らげ、目を保護する働きをしてくれます。

しかし、全てのサングラスが運転に向いているわけでは無いんです。

例えば、濃い色のレンズは直射日光を防ぐには効果的ですが、日陰やトンネルなど暗い場所になるとサングラスを掛けたままだと暗くなりすぎて見えにくくなってしまうことがあります。夜間などでも同様です。

ですのでサングラスの色の濃さを透過率と表現するのですが、運転にに適した透過率のレンズにすることが大切です。

実は、運転中に使用するサングラスについては日本工業規格(JIS)において「昼間と夜間運転に対するサングラスの透過率」が明記されています。2018年10月のJIS改定では、以下のように、サングラスの運転における使用規制が定められています。

昼間運転時または路上での使用規制

視感透過率8%以下のレンズの運転用、路上での使用の禁止

夜間運転時または路上での使用規制

視感透過率75%未満のレンズの薄暮または夜間時における運転用、路上での使用の禁止

これを破ったからといって法律で罰せられるようなことはありませんが、より安全な運転をする為の参考し、確認した上で購入することをオススメします。

 

運転に適したサングラスの条件

では次に、運転に適したサングラスとはどのようなサングラスについてです。

紫外線を和らげ、目の疲れの軽減を目的としてUVカット機能付レンズ

紫外線をカットすることで、目への負担を減らし、長距離ドライブで目の疲れを軽減します。紫外線透過率の高いレンズを選ぶと、目の負担が軽減します。通常のメガネ店だとほとんどのメガネがUVカット機能を搭載していますが、雑貨店やアパレル店などで購入される場合は確認すると良いでしょう。

反射光やあらゆる光のギラツキを抑え、標識や信号などを見やすくする偏光レンズ

乱反射を抑え、ギラギラのないクリアな視界を確保します。日本人の目には可視光線透過率が25~45%程度のレンズがおすすめと言われています。ゴルフやスキーなどのアウトドアスポーツにも多用されるレンズです。

信号の色、周囲の風景を見やすくした色のレンズ

サングラスの色によって信号の色など周りの色彩が変わることで事故に繋がる可能性もありますので、掛けてもあまり普段の視界と変わらない色のレンズにしましょう。運転に向いているレンズカラーはグリーン系、ブラウン系、グレー系と言われています。

 

ドライブ用レンズもあります

どんなサングラスが運転用に良いかは分かったけど、メガネ屋さんのいろんなカラーや性能のレンズの中からドライブ用レンズを探すのは条件が多くて大変そう・・・とお考えの方。そんなことはございません。

実は昨今では様々なメガネ店からドライブ用レンズというものが出ています。

グラスファクトリーでは、「ドライブセーフレンズ」と呼ばれるドライブ用レンズがございます。

こちらのレンズは日中はもちろんのこと、特に明るさが変わりやすい状況や雨や霧といった悪天候時、または夕暮れや夜間不安や不快感抑えるような設計になっています。常用レンズをかけていながら、安心して快適に車の運転をしたいと思う人々のニーズに対応するために特別に設計したものです。

最高級カメラレンズのブランドであり、世界中の様々な医療機器やプラネタリウムなどの精密機器を世に送り出してきたドイツZEISS社のDriveSafe Lensは、単焦点レンズと遠近両用レンズの二つのレンズタイプをお求めいただけます。

こちらのレンズは、ドライブ用でありながら常用にも向いていることと、サングラスだけではなく、クリアレンズ、紫外線によって色が変わる調光レンズなどレンズのバリエーションが豊かなのが魅力。


暗がりでもより安全でより快適な運転を可能にする良好な視界


対向車や道路照明によるぎらつきの軽減


道路、ダッシュボード、バックミラーやサイドミラーがはっきり見える設計

ファッションに、スポーツに、ドライブに、アウトドアに、様々なシーンに合わせてサングラスのレンズも作られています。

ドライブをする際にサングラスをお求めの場合は、どんな時に掛けるサングラスなのかをスタッフにご相談いただければ最適なレンズをご提案いたします。ご検討の方は是非グラスファクトリーにご相談下さいね。

皆さんも是非この記事を参考に快適なドライブをお送りください。

 

【来店フォームでのご予約】
グラスファクトリーの視力測定では『ドイツ式世界最先端の両眼視機能検査』で
「快適で楽に見え負担が少ない」メガネを作る為に測定には約1時間のお時間を頂戴しております。
下記のバナーから来店予約頂けますとお待たせする事なくスムーズにご案内することが出来ます。

 

【グラスファクトリーのコロナ対策について】

グラスファクトリーでは新型コロナに対応した除菌消毒を徹底した接客を心掛けております。

また、ご来店に際しまして、現状を鑑み感染対策をしっかりとさせて頂きます。
お客様の混み合う状況を避け、安心してごゆっくりご覧いただける様に
現在グラスファクトリーでは来店予約優先制」で営業させて頂いております。

以下の来店フォームよりご予約をお勧めしております。
メールにてご予約いただいた方には、折り返しメールにてご連絡をさせて頂きます。

皆さまのご来店をお待ちしております。

 

【グラスファクトリー online】
グラスファクトリーのオンラインサイトにも、TOMFORDやMOSCOTなどの海外ブランドのメガネを多数販売しております。よろしければご覧ください。