STAFF BLOG

【堀江店】スムーズなフレーム選びには下準備が必要

2021.02.16

こんにちは

眼鏡コンシェルジュの森です。

グラスファクトリー堀江店におります。

記事を書いている人

 

 

   

 

 

 

 

森トモエ (@morimoridonut)

スムーズなフレーム選びをするためには事前に準備を

コロナウィルスの出現からとうとう1年が経過してしまいました。

まさかこんなにマスク生活が続くとは…

普段の生活や仕事の仕方がこんなに変わるとは…

誰も予想していなかったのでは?

そんな中でも“視生活”はだいぶ変わった方が多いと思います。

自店にも最近の眼の見え方にお困りのお客様が連日いらっしゃいます。

グラスファクトリーでは視力測定時間を約1時間~のお時間をいただき、お一人お一人のご使用目的に合わせた精密な度数を測定させていただいております。

それにフレームをお選びする時間も合わせますと、普通の買い物より時間はかかってしまいます。

コロナ渦、あまりじっくりゆっくりお買い物はできにくい状況ですので

今回はスムーズにフレーム選びができるようなお話をさせていただこうと思います。

フレームのイメージについては事前にモデルや有名人の着画でご参考にされている方が多く、

よく「こんな感じで」と画像を見せていただくことがあります。

ただ着用している人とご本人では持っているお顔のイメージも違います。

ここからその着画を参考に1から探し始めると…気になるフレームをとにかくかけて、しっくりこないから次のお店へ…とあてのない旅が始まってしまいます。

今はあちこち移動するのも気が引けるし、でもかけてみないとわからないし…というのはありますね。

ではもっとスムーズに時間をかけずに選ぶためには、お料理と同じように下準備がある程度必要となってきます。

例えば…

「あるモデルの方がかけていたような黒い縁のフレームが欲しい」

と思って黒いフレームを探しにいくとします。

 

型からの視点

大きく分けてスクエア(四角)orラウンド(丸)

 

スクエア型

 

 

GLASS FACTORY GF6024 C-1

直線型のスクエアはシャープですっきりした印象になり、ビジネスシーンやジャケットとパンツの組み合わせのようなスタンダードでちょっとかっちりした、キレイめなスタイルにも合わせやすいデザインです。

 

 

ラウンド型

GLASS FACTORY GF P-105 C-5

反対に曲線型のラウンドは柔らかく親しみやすい印象になり、ビジネスシーンにおいてはお堅い表情に見せたくない時、また休日のカジュアルダウンした服装の時なども合わせやすいデザインです。

 

 

〈ボリュームの視点〉

ボリュームのあるフレームは存在感があります。

太めのスクエア型

 

FACTORY900 RF111 RETRO-001

ボリュームのあるデザインのフレームの時は、洋服のコーディネートも生地のしっかりした素材のものと合わせると、フレームだけが強調されずバランスよく掛けていただけます。

反対に掛けているという印象を強調したいときは、コーディネートはシンプルにされることでメリハリのついたスタイルになります。

 

 

太めのラウンド型

 

FACTORY900 RF110 RETRO-001

しっかりした生地+柔らかい異素材の生地との洋服とのコーディネートとも相性が良く、遊び心があり、おしゃれを楽しんでいるような大人の余裕を感じられたスタイルに。

 

 

〈素材の視点〉

プラスチックとメタルを組み合わせたデザイン。

プラスチックのカジュアルな要素と、メタルのキチンとした要素を兼ね備えたコンビネーションのデザインはお仕事でも休日でも万能な一本になりやすいです。

 

GLASS FACTORY C-104 C-1

 

ウェリントン型のデザインとスーツスタイルは正統派なイメージ。しっかりスタイルを決めたい時にはピッタリのデザインです。

 

 

 

GLASS FACTORY C-103 C-1

かっちりスーツスタイルにあえて丸みを帯びたボストン型のフレームをかけることで、上品でクラシック感のあるスタイルにもなりますし、少しラフな服装でもカジュアルになりすぎないバランスのとれたスタイルになります。

 

 

<まとめ>

ひとくくりに“”一つとっても色々なタイプの黒フレームがあります。

今回はメンズのコーディネートを例に、

お持ちの服に近いものとのイメージがしやすいよう、いくつかスタイルを挙げてご紹介いたしました。

あくまでも事例の一つですので、いつもフレーム選びに迷ったり時間がかかってしまう方はご参考にしてみてください。

事前に型(スクエア=しっかり、ラウンド=柔らかい)やボリューム感(太いor細いか)だけでも視点を当てて整理してみると、イメージがしやすいと思います。

一番はそのメガネを

“どんなシチュエーションで、どんなコーディネートで、何を見る時にかけたいのか” が重要

探しすぎて最初の目的を忘れてしまいがちですが、肝心なのはここです!

コロナ渦のネガティブな状況でも、なんとなく過ぎ去るのを待つのではなく、選ぶ時間も大切にそしていつものお買い物も有意義な時間にしていただきたいと思いご紹介いたしました。

また違うパターンでもご紹介したいと思います。

事前にちょっとした下準備をして、皆さんのメガネ選びがよりスムーズに、そして最良のメガネと出会えますように。

グラスファクトリーには、各店様々なメガネのスペシャリストがおりますので、ぜひご相談ください。


【眼鏡コンシェルジュ 森】
眼鏡店勤務約20年
メガネと洋服の豊富な知識を活用し、お客様の素敵な内面を活かすコーディネートを心掛けています。
独学で取得しました「カラーコーディネート」「パーソナルカラー」の知識も反映させます。

SNS

    

〈主なカラーの資格〉

・1級色彩コーディネーター
・1級ファッションカラーコーディネーター
・1級商品カラーコーディネーター
・1級環境カラーコーディネーター
・2級パーソナルカラーリスト
※メガネ以外(洋服、アクセサリー、インテリアなど)のカラーコーディネートでお悩みもごさいましたら、ぜひお気軽にご相談ください。

【グラスファクトリーのコロナ対策について】

グラスファクトリーでは新型コロナに対応した除菌消毒を徹底した接客を心掛けております。

また、ご来店に際しまして、現状を鑑み感染対策をしっかりとさせて頂きます。
お客様の混み合う状況を避け、安心してごゆっくりご覧いただける様に
現在グラスファクトリーでは来店予約優先制」で営業させて頂いております。

以下の来店フォームよりご予約をお勧めしております。
メールにてご予約いただいた方には、折り返しメールにてご連絡をさせて頂きます。

皆さまのご来店をお待ちしております。

【来店フォームでのご予約】
グラスファクトリーの視力測定では『ドイツ式世界最先端の両眼視機能検査』で
「快適で楽に見え負担が少ない」メガネを作る為に測定には約1時間のお時間を頂戴しております。
下記のバナーから来店予約頂けますとお待たせする事なくスムーズにご案内することが出来ます。

お電話、メールでのご予約

『GLASS FACTORY 堀江店』
電話番号:06-6536-3337
メールアドレス:gfhorie@glassfactory.co.jp