STAFF BLOG

【神戸店】日常的に眩しさを感じる方

2020.08.01

こんにちは。


神戸店 Vision Specialist(ヴィジョンスペシャリスト)の笹沼です。

Vision Specialist(ヴィジョンスペシャリスト)とは?

グラスファクトリーで世界最先端の視力測定、両眼視機能検査を行う為
世界最高峰の精度を持つCarl Zeiss(カールツァイス)社の精密検査機器を導入しているんですが
視力測定のスペシャリストとして社外の講習受講や社内への指導を担当するポジションの事です。

梅雨が明け、日差しが強い季節となりました。
眩しさによってサングラスが必要と思う方も多いのではないかと思います。

日常的に眩しさを感じる方

今回は夏の日差し以外に室内のライトさえも眩しいと感じてしまう方の症状です。

もちろん、眩しさを感じやすい方の中には、白内障を患われている方も同様に眩しさを感じます。
今回はそれ以外、視線のズレによって眩しさを日常に感じてしまう方です。

仕事をする中でサングラスをすることは出来ないので、
お困りな方も多いのが現状です。

レーシックによってその症状が現れたりと、様々です。

40代男性の方の問診です。

・慢性的に眩しさを感じ、若干涙が出る
・めまいを感じる
・肩こり、頭痛の症状も見られる

【神戸店】両眼視機能検査、そして世界最先端の視力測定を可能にする視力測定スペース

問診での症状が高いため、上記の様にドイツ式両眼式機能検査をさせて頂きました。

人間の眼は6つの眼筋を使って視線を操作しています。
その眼筋の操作によって、両眼で一つに物が見えるようにしています。
左右とも同じように見えているから、問題ないと思う方も多いと思います。
普段の生活の中で、片眼ずつ違う映像を捉える、という生活を送っていないために、
実際に体感することはなかなかありません。

視力と共にドイツ式両眼視機能検査によって
視線のズレがある事をご確認していただき、視力を合わせてのプリズムレンズをご体感頂きました。

元々眼鏡を掛けて生活していただいている方の為、慣れるまでの間出来るだけ長時間眼鏡を掛けた状態で
過ごして頂く事をお勧めいたしました。

慣れるまでの時間は本当に人それぞれですが、この方は3日目には今までの眩しさが収まったとご連絡を頂きました。
これによって、クリアレンズのままで快適にお過ごしいただいています。

ご相談内容やどのように眼鏡を使われるのかは様々です。
皆さまのライフスタイル、今までの眼鏡の度数、使い方、不満点も含めてご相談ください。

快適でクリアな生活を送るために是非視力測定によってご体感頂ければと思います。

 

【コロナ関連】

来店フォームでのご予約

お電話、メールでのご予約

『GLASS FACTORY 神戸店』
電話番号:078-392-3080
メールアドレス:gfkobe@glassfactory.co.jp


 

笹沼 直美(naomi sasanuma)

GLASS FACTORY 神戸店 STAFF
眼鏡の使用からレンズ、コーディネートまで。
お困りな点をお気軽にご相談ください。
両眼視機能検査の視力測定予約をお受付しております。
ご来店、視力測定ご予約フォームはコチラ。※測定はご予約優先で約1時間の測定時間となります。

【GLASSFACTORY公式SNS】