STAFF BLOG

【神戸店】疲れると寄り眼になる方の症例

2020.07.11

こんにちは。


神戸店 Vision Specialist(ヴィジョンスペシャリスト)の笹沼です。

Vision Specialist(ヴィジョンスペシャリスト)とは?

グラスファクトリーで世界最先端の視力測定、両眼視機能検査を行う為
世界最高峰の精度を持つCarl Zeiss(カールツァイス)社の精密検査機器を導入しているんですが
視力測定のスペシャリストとして社外の講習受講や社内への指導を担当するポジションの事です。

他者から寄り目になっていると言われたお客様の症例

20代男性のお客様です。

見えにくいという症状はなく、

眼は疲れやすい

焦点が夕方以降合わせづらい

パソコンを長時間見ている

このような症状をお伝えいただきました。

また、ご家族から時々寄り目になっている。
これはご自身では気付きにくい所ですが、眼の状態、視力検査をさせて頂きました。

 

通常であれば、視線は左右とも正面を見ている状態ですが、
PCやスマホ、近距離で長時間画面を見過ぎる状態になると、眼が疲れて眼筋を保てなくなり、
眼が疲れている、焦点を一つに合わせるのが辛くなってきます。

人間の眼は6つの眼筋を使って視線を操作しています。
元々、内斜位の方は視線が内側による傾向があるため、モノを注視しようとした時に
外直筋が働き、視線のズレを補正しようとします。
一つに物体を捉えようとして頑張ります。

その眼筋の頑張りが過ぎるほど長時間PCに向かわれたり、スマホを至近距離で見過ぎていたりすると、
お客様のような症状が現れます。

それを補正するために、どのような種類の視線のズレで、どれくらいズレがあるのか
こちらをお調べするのが、ドイツ式両眼視機能検査となります。

【神戸店】両眼視機能検査、そして世界最先端の視力測定を可能にする視力測定スペース

これによって視力と眼筋を楽にする、通常の眼位の位置で視線のズレを無くすことによって、
今まで掛けて頂いた眼鏡からずっと楽に長時間モノを見られるようになったと言って頂けました。

身体に感じる疲れは、もしかしたら目から来ているものかもしれません。
不調を感じられ方はぜひご相談ください。

 

【コロナ関連】

来店フォームでのご予約

お電話、メールでのご予約

『GLASS FACTORY 神戸店』
電話番号:078-392-3080
メールアドレス:gfkobe@glassfactory.co.jp


 

笹沼 直美(naomi sasanuma)

GLASS FACTORY 神戸店 STAFF
眼鏡の使用からレンズ、コーディネートまで。
お困りな点をお気軽にご相談ください。
両眼視機能検査の視力測定予約をお受付しております。
ご来店、視力測定ご予約フォームはコチラ。※測定はご予約優先で約1時間の測定時間となります。

【GLASSFACTORY公式SNS】