STAFF BLOG

【神戸店】日頃から感じる肩凝りや頭痛、実は目が原因かも知れません。

2020.07.27

こんにちは。

グラスファクトリー神戸店の神門です。

 

【プリズムレンズについて】

メガネには医療的な側面とファッション的な側面があります。
メガネにとって最も大切な要素はもちろん快適に見える事。
だからと言って、流行に取り残されてしまったり、似合わないメガネを掛け続けるのも頂けません。
まずは目の状態を丁寧に検眼し、お客様一人一人に数あるレンズの中から最適な設計のものを選択、オーダーします。
それからご希望のデザインや出来上がりのイメージに沿ったフレームを選定しその後きめ細かく調整し、お顔にフィットさせます。

まずプリズムレンズとは何?

透明体(プラスチックやガラス)でできた三角柱をプリズムと言います。
三角柱を通過する光はレンズの厚みが厚い方に曲がります。

プリズムレンズを通過した光が1m先の垂直スクリーン上で1cmズレるとき、
このプリズム度数を1△(1プリズムディオプター)と言います。
同じく、1m先のスクリーン上で2cmズレたら2△(プリズムディオプター)となります。

通常、見るモノに両眼の視線を合わせて見ますが、視線がズレていたり(斜視)無理して視線を合わせようと(斜位)しますと
モノが二つに見えたり(複視)、見えるが疲れる(筋性眼精疲労)という様な障害を起こします。

プリズムレンズは像を移動させる事の出来るレンズです。
斜視(麻痺性斜視)による複視や、斜位による眼精疲労を軽減させる事が出来ます。

プリズムレンズ作成に必要な両眼視機能検査とは?

一般的に眼鏡店では、片眼ずつお度数を測り、最後に両眼のバランスを確認し、
装用テストを行い眼鏡度数決定します。
ですが、この測定だけでは見つけ出せない眼のトラブルがあるんです。

私たちはモノを見る際、左右の眼を1点に集中する眼球運動を無意識に行っています。
左右の眼の視線にズレがある場合は眼から入った情報が脳で上手く1つに融像されない為
モノがダブって見えたり、遠近感や立体感の無い見え方となり眼精疲労(目の疲れ・疲れ眼)
肩こり、頭痛の一因となることがあります。

左右の眼で見た情報を脳で正確に認識できているか。
人は情報の約80%を眼からの情報で取り入れ、脳で認識して
“脳で見ている”のです。

左右別々の眼から入った情報が脳で1つに融合されているか?を調べるのが『両眼視機能検査』です。

 

 

私自身が使ってみた感想

最後に、私も半年程前から初めて両眼視機能検査によるプリズム補正をされたZEISS社の眼鏡レンズを使用しています。

「ふわふわした感覚」、「赤いモノが浮き上がって見える」、「物体が立体的に見える」
といった最初の頃の感じやすい装用感は個人差はありますが、私の場合感じたのはふわふわした感覚でした。

以前使っていた、プリズムで補正されてないレンズでは感じない感覚でした。

これは今までモノを見る際に余分に掛かっていた眼を動かす筋肉と脳の疲労をプリズム補正によって軽減したものの、以前の眼を動かす筋肉と脳の使い方とのギャップによって起こるもので、私の場合は数日で違和感はなく慣れることが出来ました。
今では眼精疲労等の疲れを感じる頻度も少なくなったと感じています。

また、以前掛けていたプリズム補正の無い眼鏡を掛けると、違和感を感じるようになりました。最初に掛け替え
をした時と逆の状態になっています。これは、私の眼がプリズムレンズによって補正された見え方に慣れたことを意味しています。なので今は以前掛けていた眼鏡のレンズをプリズムレンズ と交換する事を検討しています。

 

・眼がとにかく疲れる(眼精疲労を強く感じる)

・物が時々、二重に見える

・遠近感を感じにくい

・本を読んでいて一瞬目を離すとどこを読んでいたのか分からなくなる

・ドライアイ症状である

など、眼からの違和感を感じる事があればまずはご相談ください。

 

【神戸店】重度の肩こり、頭痛、めまいがある方の症例

 


【神戸店】密を避けるためのご来店予約

来店フォームでのご予約

お電話、メールでのご予約

『GLASS FACTORY 神戸店』
電話番号:078-392-3080
メールアドレス:gfkobe@glassfactory.co.jp

ZEISSオーダーメイドレンズが出来るまで(来店からの流れ)

世界最先端の『両眼視機能検査方法』について

 

今の季節にピッタリZEISSの調光レンズ⇓⇓⇓

【神戸店】眼鏡とサングラスの掛け替えが面倒な方に最適なZEISS調光レンズ

 

この投稿をInstagramで見る

 

🏠👓⇄🕶☀️ グラスファクトリーでは最近良くお勧めさせていただいているレンズがございます。 それは日差しによって色が変わるレンズ、”調光レンズ”です! 室内にいると普通のレンズと変わりませんが、 室外に出るとレンズが紫外線に反応し、サングラスのように発色します。もちろん紫外線カットの機能もございます。 紫外線の強さによって反応しますので、その日の気候によって丁度良い色合いに変化するところも魅力の一つ。 こちらのzeissのレンズはアウトドアではブルーのカラーで着色され、インドアや夜間ではクリアになります。 カラーもバリエーション豊かにご用意しております。 これからの季節にもぴったりなレンズですので是非店舗でもお問い合わせください。

glassfactory/グラスファクトリー(@glassfactory.official)がシェアした投稿 –

 


 

『STAFF PROFILE』神門 良平(Ryouhei Kamikado)

1989年生まれ 大阪在住
趣味:スポーツ(テニス、サッカー)/ 映画鑑賞 / 買い物 / etc

豊富な商品に対する知識に基づいてのコーディネート提案を得意としています。
オシャレな眼鏡をではなく、お客様にとってのベストな眼鏡を

ご提案するをモットーにしてTPOに合わせてオススメさせて頂きます。

【GLASSFACTORY公式SNS】