STAFF BLOG

【ヒルトン梅田店】GLASS FACTORYの検眼について

2020.07.30

こんにちは。

ヒルトン梅田店の藤園です。

GLASS FACTORYの検眼について

これまで3回にわたって、斜視・斜位・プリズムについて書かせていただきましたが

今回からはGLASSFACTORYに入社する前、一般の眼鏡店で勤務していた経験もふまえ

測定の違いについてお話ししたいと思います。

まず、一般の眼鏡店で

『疲れやすくなりますので、緩めに処方しておきますね。』

と言われた方は少なくないはずです。

私も当時、お客様に実際にお伝えしておりました…

確かに、40歳前後になってくると“老眼”が出てきたり、度数のお変わりが実感として現れてくる方が多くなり

緩め処方である程度遠くも、ある程度近くもある程度見えるため楽に見える気がします。

しかし、実際はこれまでお話しした“片目6つ、両目で12の筋肉”で頑張って焦点を合わせてみているため

遠くも近くも筋力を使い続けることになり目の筋肉をたいへん酷使している状態です。

そこへ、斜位がある方ですと更に筋力を使い続けることになる

肩こりや頭痛の原因となるのです。

GLASS FACTORYにて、検眼させていただくようになり

完全矯正値に設定し遠くを見るうえで筋力を使わずに見れるように処方

尚且つ、今まで1つの度数設定しかされていなかった単焦点を使用している若年層であっても

負担の軽減ができるように近用度数を入れた、現代の生活スタイルに合わせたレンズ設計の

スマートライフ』にすることによって快適に過ごすお手伝いが出来ればと

オフィスレンズ、遠近両用レンズを含む、日々の生活スタイルに合ったレンズのご案内とともに

検査、処方をさせていただいております。

 

次回は『一般店の検査との違い』について詳しくお話ししたいと思っておりますので

よろしくお願いいたします。


グラスファクトリーの視力測定では『ドイツ式世界最先端の両眼視機能検査』で
「快適で楽に見え負担が少ない」メガネを作る為に測定には約1時間のお時間を頂戴しております。
下記のバナーから来店予約頂けますとお待たせする事なくスムーズにご案内することが出来ます。

来店フォームでのご予約

お電話、メールでのご予約

『GLASS FACTORY ヒルトン梅田店』
電話番号:06-4796-7266
メールアドレス:gfumeda@glassfactory.co.jp

【コロナウィルス関連】


Staff Profile
藤園 沙恵(Hujisono Sae)

グラスファクトリーでは、グローバル基準のドイツ式MCH検査(両眼視機能検査)を実施いたしております。
グラスファクトリー各店で、MCH(両眼視機能検査)のご予約をお受付いたしております。
※MCH(両眼視機能検査)の測定には約1時間のお時間が掛かりますので、ご予約優先となりますので予めご了承くださいませ。

【GLASSFACTORY公式SNS】