STAFF BLOG

【神戸店】自分とってベストの眼鏡とは?視覚プロフィールで導き出せる

2020.06.29

こんにちは。


神戸店 Vision Specialist(ヴィジョンスペシャリスト)の笹沼です。

Vision Specialist(ヴィジョンスペシャリスト)とは?

グラスファクトリーで世界最先端の視力測定、両眼視機能検査を行う為
世界最高峰の精度を持つCarl Zeiss(カールツァイス)社の精密検査機器を導入しているんですが
視力測定のスペシャリストとして社外の講習受講や社内への指導を担当するポジションの事です。

自分一番最適なメガネとはどんなものだろう。


カメラや顕微鏡など医療機器レンズを含め、光学技術分野で世界最先端の技術を持つ
ドイツのCarl Zeiss(カールツァイス)社のHPに掲載されていますのでご紹介させて頂きます。

ZEISSの視覚プロフィールチェックは、あなたの目が日常生活でどんな問題に直面していて、どのZEISSレンズがその問題をサポートするかを明らかにします。

あなたが提供する、ご自身のライフスタイルに関する情報を元に視覚プロフィールが作成されます。
これは、次回眼鏡店を訪れた際にスタッフから最善のアドバイスを受ける助けになります。
目の測定結果と組み合わせることで、あなた自身のライフスタイルと視覚習慣にぴったり合ったZEISSレンズが見つかります。

私たちの目は現代社会に合わせて作られたのではありません。

あなた自身のライフスタイルと視覚習慣に関する情報は、さまざまな理由から店舗のスタッフにとって非常に重要です。


近年、様々な新しいテクノロジーとデジタル機器の登場により、私たちの日常生活は家庭でも職場でも劇的に変化しました。
私たちは毎日平均5時間を、スマートフォン、タブレットやテレビ画面を見て過ごしています。
携帯電話を見る回数は、1日になんと80回。そしてこの傾向は強まる一方です。


目への負担増加はまた、運転によってももたらされています。
悪天候や不十分な光はもちろん問題ですが、眩しさによる刺激、そしてカーナビシステムの使用が増えたことが挙げられます。
私たちは視線を絶えず近くと遠くの間で行き来させ、小さなディスプレイに繰り返し焦点を合わせています。
これは目に負担になるため、30代以降では眼精疲労の原因となる場合があります。

職場であろうと家庭であろうと、こうした技術的進歩は私たちの暮らしに変革をもたらすだけでなく
私たちの目をますます増加するストレスに晒しています。

自分の視覚習慣を確かめる

ZEISSは、自分自身の視覚習慣を把握するサポートとして視覚分析ツールを開発しました。
ZEISSの視覚プロフィールチェックは、生活の以下の場面においてあなたの視覚にかかる負担を見極めます。

  • 仕事
  • 日常活動
  • デジタル機器使用時
  • 移動
  • 休日の活動

結果として、あなたの個人的な視覚プロフィールが作成され、視覚習慣にぴったり合ったお勧めのZEISSレンズが確認できます。
このアプリはすべて無料でご利用いただけます。

この視覚プロフィールは、プリントアウトまたはQRコードでお近くのZEISS取扱店に持参することができます。
スタッフがあなたの視力を測り、検眼を行います。
視覚プロフィールチェックと測定の結果をもとに、スタッフはあなたに助言し、あなたのニーズにもっとも適したZEISSレンズをお勧めすることができます。

視覚プロフィールチェック

の視覚習慣を確かめ、自分に合ったレンズを見つけましょう。


グラスファクトリーの視力測定では『ドイツ式世界最先端の両眼視機能検査』で
「快適で楽に見え負担が少ない」メガネを作る為に測定には約1時間のお時間を頂戴しております。
下記のバナーから来店予約頂けますとお待たせする事なくスムーズにご案内することが出来ます。

国内でも数少ないドイツ式両眼視機能検査で今までにない最高級の視界を

ZEISSオーダーメイドレンズが出来るまで(来店からの流れ)


 

笹沼 直美(naomi sasanuma)

GLASS FACTORY 神戸店 STAFF
眼鏡の使用からレンズ、コーディネートまで。
お困りな点をお気軽にご相談ください。
両眼視機能検査の視力測定予約をお受付しております。
視力測定ご予約フォームはコチラ。※測定はご予約優先で約1時間の測定時間となります。

【GLASSFACTORY公式SNS】