STAFF BLOG

【神戸店】新しい生活様式”スマートライフ”に合わせた中近レンズ 

2020.05.22

こんにちは。

グラスファクトリー神戸店の神門です。

前回、在宅ワーク・テレワークの為に家にいてパソコンやスマホ、タブレットで

仕事をしている20代30代の方にオススメのデジタルレンズを紹介させて頂きました。

【神戸店】ウィズコロナ、アフターコロナでの新しい生活様式”スマートライフ”に対応したレンズについて

 

今日は在宅ワーク・テレワークの為に家にいてパソコンやスマホ、タブレットで仕事をしている

40代、50代にオススメのレンズZEISS Office Lensを紹介します。

 

大体、35歳を越えた頃から気づくものですが多くの人は、異なる距離のものをはっきりと見ようとして、

身体を乗り出したり、頭を持ち上げたりと、不自然な姿勢をとります。

背中や肩がこり、ドライアイ、涙目などが症状として現われることがあります。

ZEISS Office Lensは、このようなタイプの目のストレスを予防する一つとなります。

このレンズは、仕事中に必要な視界を考慮してカスタマイズされており、読書メガネや遠近両用メガネと違って、

コンピューターのモニターの前に座って仕事をするときに必要なすべての範囲を中心に最適化されています。

パソコン作業、スマートフォンを見る時、読書する時、運転する時

それぞれの作業に必要な視距離に応じた視力、視野の方向や動き、作業距離とその範囲等を考慮して作る必要があります。

パソコン作業に合う


デスクトップでは距離55~75㎝高さ30~45㎝、ノートパソコンでは距離45~60㎝高さ15㎝程眼との距離が離れます。
デスクトップの方が、モニタとキーボードの間で視線を動かす距離も大きくなるので、近々~中近レンズを。
ノートパソコンなら単焦点レンズ(一般的なメガネレンズ)か近々レンズがおすすめです。
※ZEISS単焦点レンズ
※ZEISS近々レンズ
※ZEISS中近レンズ

在宅ワーク・テレワーク、オンライン授業などで支障が無いようならコンタクトではなく、
メガネがオススメです。

是非店舗にてご相談下さい。

 

【コロナウィルス関連】

【オフィシャル】≪アフターコロナの世界≫GLASS FACTORYが進むべき道


グラスファクトリーの視力測定では『ドイツ式世界最先端の両眼視機能検査』で
「快適で楽に見え負担が少ない」メガネを作る為に測定には約1時間のお時間を頂戴しております。
下記のバナーから来店予約頂けますとお待たせする事なくスムーズにご案内することが出来ます。

ZEISSオーダーメイドレンズが出来るまで(来店からの流れ)

世界最先端の『両眼視機能検査方法』について


 

『STAFF PROFILE』神門 良平(Ryouhei Kamikado)

1989年生まれ 大阪在住
趣味:スポーツ(テニス、サッカー)/ 映画鑑賞 / 買い物 / etc

豊富な商品に対する知識に基づいてのコーディネート提案を得意としています。
オシャレな眼鏡をではなく、お客様にとってのベストな眼鏡を
ご提案するをモットーにしてTPOに合わせてオススメさせて頂きます。

【GLASSFACTORY公式SNS】