ミラノコレクション2017
トムフォード

BRAND HISTORY

2006年、自らの名前をブランド名にした
アイウエアコレクションを発表。

クリーンな曲線、官能性とラグジュアリーを特徴とする彼独自のスタイルを取り入れ、メンズ・ウィメンズ共に大胆で洗練された様々なスタイルを表現。
「アイウエアはその時のファッションとスタイルにとって、とても重要なアクセサリーで、着用している人の外見や、気分までも劇的に変える立体的なパーツ。
女性にとってはこのようなアクセサリーは他にも有るけれど、男性にとってはアイウエアは唯一の“ファッションアクセサリー”だと思うんだ」

2006年に発表した、自らの名をブランド名にした
アイウェア・コレクション。

”ラクジュアリーで官能的で、大胆なデザインを発信していきたい”
彼のファッションにおける信念は、グッチの復興と再建で得た、数々の名籍と挫折と、新しい事への挑戦がキーポイントとなりました。
トムフォードは、レディースメンズ問わずアパレルに精通し、化粧品などの分野でも展開していますが、あえてアイウェアブランドとして立ち上げた裏側には、メンズのファッションアクセサリーとして、アイウェアを確立したいという思いがありました。
「アイウェアはその時のスタイルにとって、最も重要なアクセサリーであり、着用している人の外見や気分までも、劇的に変える立体的なパーツである。」
顔を緩やかに包み込む、美しい曲線を描くサングラスや、肉厚でボリュームのあるクラシックな眼鏡など、こだわりを反映した巧妙なディティールと厳密な仕上げで最高品質のフレームを制作する。独自のエンボス加工でブランドを強調するシグニチュアなメタルプレートをあしらう表現方法はこういった、トムフォードの信念が込められています。
本物に拘る、オートクチュールで洗練された高品質素材。
クラシックながらもモードとして、斬新な進化を遂げるシェイプライン。
アパレルとしてのトータルコーディネートを前提としたアイウェアのあり方。
常に新しいモノ作りをめざしながらも、製作過程の拘りは長年怠らないグラスファクトリーの信念は、トムフォードに通ずる物があります。