ミラノコレクション2017
ジャポニズム

BRAND HISTORY

日本的モダンを世界へ

1984年、BOSTON CLUB創立時からメガネフレームのデザイン企画会社として、アパレルメーカーや眼鏡商社のOEMを数多く手掛けて参りました。
その経験を礎に、鯖江にある世界水準の生産技術を取り入れた日本産メガネとして、1996年IOFTにてハウスブランド「JAPONISM/ジャポニズム」を発表しました。
シンプルでありながら、存在感のあるフレームに、デザインだけでは終わらない機能性と実用性を加え、さらに遊び心をもエッセンスに取り入れた「機能が自然な形状に内包されたフレーム」が“ジャポニズム JAPONISM” です。

ジャポニズムとは、19世紀末、日本美術が西洋美術、欧米ファッションなどに影響を与えたムーブメント“ジャポニズム”に由来します。京都産の高級ブランド竹を使用した「BAMBOO バンブーシリーズ」や、無駄を一切省き「美しさ」と「普遍性」を突き詰める「High stage ハイステージシリーズ」、そして普遍的な価値観とグローバルスタンダードを追求した「PROJECTION プロジェクションシリーズ」等、コンセプトに合わせたブランドを複数展開しています。

PROJECTION 新しい眼鏡のかたち
スタイルを投影していくこと

現在の「JAPONISM/ジャポニズム」とは対極をなす無駄をそぎ落とした「PROJECTION/プロジェクション」シリーズ。無機的なフォルムは、普遍的な価値観とグローバルスタンダードを追求した、シンプルなデザインとなっています。「良いものと長く付き合うことで得られる心の豊さ(GOOD THINGS FOR LONGTIME)」をコンセプトとして考案されたオリジナルの機構は、消耗パーツを簡単に交換することができる構造を備えています。




鯖江のたった一つの工場でしかできない技術

JAPONISMのメガネフレームはデザインや構造上、加工が難しいモデルが多く、職人の作業を多く要します。例えば、JAPONISMの代名詞の一つでもある「油圧プレス」。この技術をプラスチックのメガネフレームに用いることができるのは日本でたった一つの工場だけ。門外不出のこの技術によりエッジィなフォルムやボリューム感のある丸み、成型品では不可能な色柄、見る角度によって表情を変える造形など、さまざまな意匠を表現できるのです。

シンプルでありながら、存在感のあるフレームに、デザインだけでは終わらない機能性と実用性、遊び心をもエッセンスに取り入れた「JAPONISM/ジャポニズム」。メイドイン鯖江の最高峰と言われるプロジェクトシリーズ「JP-019」「JN-553」など、造形美と立体感を追求した世界水準の日本産メガネを、より多くの人に広める事がグラスファクトリーの使命だと考えています。