STAFF BLOG

【梅田店】フランスの2大ブランド alain mikliとANNE&VALENTIN 個性の競演

2018.04.05

皆様こんにちは。グラスファクトリーヒルトン梅田店 國谷です。

ぽかぽか陽気で過ごしやすくなってまいりました。

桜はあっという間に散ってしまいましたね。

今年はドタバタしている間にお花見にも行けず、寂しい桜の季節となりました。

 

本日は良いお天気でしたので、お外で撮影。

白シャツに黒インナーと言うシンプルなスタイルに合わせるべく選んだのは、鼈甲調のセルにオレンジのラインが入ったコチラと

alain mikli  A3042 ¥58,321(税込み)

 

パープルのメタルが美しいこちらのフレーム。

ANNE&VALENTIN TWICE ¥50,760(税込)

 

アラン・ミクリは個性的な形の鼈甲調フレームの上に、オレンジのラインがアクセントとなって、一見同系色で大人しめのフレームかと思いきや、オレンジのラインがかなり主張してきます。ガツンとしたメガネがお好きな方におススメです。

 

スーツスタイルやすこしレトロなお洋服に合わせるとカッコいいかも…  モードなお洋服もいいですね。

 

一方のアン・バレンタインですが、フォックスタイプでパープルのメタルと鼈甲調セルのコンビネーションフレームが、掛けると色と言い形と言い、絶妙に顔や肌色にマッチ。

オシャレで個性的な、しかし主張しすぎないフレームをお求めの方にぴったりです。

 

私としてはかっちりとした印象の眼鏡こそカジュアルスタイルに合わせて頂きたいなーと思うのです。

もちろんバリバリのオフィススタイルが一番カッコイイんですけどね。

 

両家ともフランスのメガネブランドですが、男性デザイナー女性デザイナーでこんなにも個性がはっきり分かれると、一口に眼鏡と言っても、こんなに小さなアイテムの中に色々な違いをはっきり見てとることが出来て、楽しいなぁと思うのです。

毎日どんなお洋服に合わせるか、どんなスタイリングにするかを考えながらメガネを拭くのも楽しいものです。

掛けるともっと楽しいですよ。

皆様も是非当店で掛け比べて、違いを体感してみてください。

スタッフ一同、ご来店を心よりお待ち申し上げております。