Monitor & Case Collection(モニター&症例(実例)集)

夜がすごく見えにくくなる方

人の目は、明るさの違いから昼と夜とで瞳孔が収縮したり開いたりします。
夜は暗く光の量が少ないので光を集めるために瞳孔が開くのですが、瞳孔が開くと不正な乱視の影響を受けやすい眼の状態になります。
昼間に1.0~1.2の視力が出る眼鏡を掛けていても、個人差はありますが夜間は0.8~0.9程度の視力しか出ていない場合があります。
この瞳孔が開いた状態で不正な乱視の影響を受けると、車の運転中など対向車のヘッドライトや信号、外灯の光がにじんだり、伸びたりしてすごく見えにくい状態になります。特に天候が悪い雨の日の夜などには、瞳孔サイズが安定せず距離感がつかみにくく、「雨の日の夜はとても見えにくい」という方も多いのではないでしょうか。

グラスファクトリーでは、昼間の瞳孔収縮状態での瞳孔サイズと夜の瞳孔が開いた状態での瞳孔サイズと角膜の状態をお測りすることで夜の大きく開いた瞳孔の状態でも不正な乱視の影響を極力抑えたメガネ度数をお測りし製作します。
「夜に光がにじむような見えにくさを感じる方」「昼間は見えているのに、夜になると急に見えにくくなる方」この不正な乱視の影響を受けにくいメガネでは、実際のLEDの光をご覧頂き、光のにじみ、伸びなどの従来度数との違いをご体感頂けます。

肩こりがひどく頭痛がする方

人はモノを見る際、左右の眼を1方向に集中する眼球運動を無意識に行っています。
そして左右の眼から入った別々の情報を脳で1つにまとめてモノを認識しているのですが、左右の眼を無意識に1方向に動かす時に必要以上にすごく余分な力(負担)が掛かってしまう目の状態があります。
無意識に必要以上に余分な力が掛かっているため、眼を動かす筋肉やその筋肉に指令を出す脳が疲れてしまい、眼の疲れや眼精疲労がおこり、更には肩こりやひどい場合頭痛まで引き起こします。
「肩こりがひどいと感じる方」「病院へ行ったが原因が分からない頭痛があり、痛み止めで紛らわしている」などの方は眼の疲れや眼精疲労から来る肩こりと頭痛の可能性があります。

「疲れてくるとモノがダブって見えたり2重に見える」などの症状、「距離感や遠近感が分かりにくい方」もこの無意識に使っている両眼を動かす筋肉の疲れや余分な力が原因かもしれません。
この両眼を無理なく、必要以上に力が掛からない状態で楽に動かせているかどうか、左右の眼から見た情報がうまく脳で1つになっているかどうかを調べる「両眼視機能検査」を行うことで、その眼のトラブルを見つけ、筋肉の負担を抑え、楽に見える様にします。楽に見える様になれば、余分に掛かっていた力が掛からず肩こり、頭痛の解消になります。

手元が見えにくい方

仕事でパソコンや手元の書類など、手元が見えにくく感じる方も多くなっています。
以前に比べお仕事でパソコン・タブレット・スマートフォンなど、デジタル機器の普及により、近業視での作業が増えているからです。

単純に手元が見えにくいといってもパソコンだったり、書類だったり対象物までの距離が様々なので、明視域の狭い(奥行きの無い1か所だけの焦点)リーディンググラス(老眼鏡・シニアグラス)だけでは距離の違うパソコンのモニターなどは見えにくくなります。
そのように、現代のライフスタイルに合わせた奥行きのある明視域を確保するレンズが室内用レンズ(オフィス、中近、近々)と呼ばれるレンズです。
読書、新聞、編み物等を良くされる方には、手元30㎝から1m程度まで奥行きの明視域がある「Bookタイプ(近々)」がオススメです。
デスクワーク廻り、手元の見え方が広く書類と約70㎝程離れたPCモニターなどの距離の違いを考慮した設計で、快適にデスクワーク廻りが見えます。
1mの奥行きよりも少し広い明視域が必要なのが、お料理やダイニングテーブルでのお食事ではないでしょうか。キッチン内を見渡すことが出来、お料理の際の包丁を使う手元もしっかりと見え、約1m80㎝程のダイニングテーブルの端から端までがしっかりと見える「Nearタイプ」をオススメします。一緒にお食事をされる方のお顔もはっきりと見えます。
オフィス、室内でのお仕事で、前方のプロジェクターやホワイトボードなども見え、手元の資料も見やすいのが、「Roomタイプ(中近)」レンズです。

手元30㎝から約4mまでの奥行きのある明視域ですので、オフィス内を歩いたり、手元の資料を見たり、会議で前方のプロジェクター、ホワイトボードも見える設計です。

光がまぶしいと感じる方

光に対して過度に眩しく感じる方には遮光眼鏡をオススメします。
遮光眼鏡レンズは、大気中に散乱する青色光をカットすることで、光が乱反射しハレーションを起こすような、にじんで眩しく感じる部分を抑えてくれます。
そうすることでコントラストを向上させ、くっきり感ある見え方になります。
明るさを感じやすい黄色や緑の光を多く通し明るく、ハッキリとした見え方を作ります。
医療用遮光眼鏡レンズは白内障の初期段階の方や白内障の手術後の方、網膜色素変性症、加齢黄斑変性、緑内障による視野狭窄など、眩しさで見えにくさを感じる方に有効なレンズです。
サングラスとしても光から眼を守る遮光眼鏡レンズもご用意しております。

車の運転などアスファルトの照り返しやフロントガラスの余分な映り込み、雪面や水面の乱反射、余分なギラツキをカットし見やすくなる偏光レンズ。
マラソン、ゴルフ、テニスなど天候に左右されるスポーツ、日中から夕暮れまで、長い時間アウトドアで行うグランピング等にお勧めのその日の紫外線量で眼に入る光量を調節してくれる調光レンズ。
レンズ正面からの紫外線だけじゃなく、レンズの裏面に反射した紫外線(UV)もカットする事で360度紫外線をカットする裏面UVカットコートレンズ。
特に女性にお勧めの皮膚が薄くてシワやたるみの出やすい目元の美肌をキープするためにお肌の大敵と言われる近赤外線をカットしているレンズ。
眼の中のこの色素が減ると加齢黄斑性や白内障のリスクが高まると言われる「ルテイン」そのルテインの劣化や眼に酸化ストレスを与えるという従来のUVカットよりも強い420nmまでのUV(HEV)をカットするレンズ。
このように眼の健康を守るという「アイケアレンズ」もご用意しております。

パソコン作業が多く疲れ眼、眼精疲労を感じる方

現代人は、スマートフォン・タブレット・PCなどデジタル機器が進化した事で、日頃、遠くのモノを見ているよりも近くのモノを見たり、近業の作業が多くなっています。
人は近くのモノを見る時、眼の中の水晶体を調節しピント調節を無意識に行っています。
このピントを調節するということは、ピントを調節する筋肉が緊張している状態です。
近くのモノを見続けたり、近業の作業を長く続ける事で筋肉の緊張状態が長い時間続いたり、遠くを見たり近くを見たりといった状況でピント調節を繰り返されると、ピント調節をする筋肉に負担が大きくなり、やがて目の疲れや眼精疲労に繋がります。

そこで、ピント調節の補助をするのが「デジタルレンズ(調節アシストレンズ)」です。
近くのモノを見る時やスマートフォン、タブレットなどを見る時はレンズ下部の方に視線を落とすのが自然な姿勢です。ですので、そのレンズ下部へ行く程焦点距離を短くするお度数へ変化させ、眼のピント調節機能を補助して筋肉の緊張状態を和らげてくれます。
まさに現代人のライフスタイルに合わせた眼の負担が少なくピント調節が出来、楽に近くが見えるレンズです。

遠近感や立体感が分かりにくい方

特にゴルフ、野球、テニスなどの球技のスポーツをされる方は、その遠近感や立体感、距離感というのが非常に重要になります。
更に最近では、映像技術も進化した事で3Dや4Dといった映画やアトラクションも増えています。
「何だかゴルフで距離感がつかみにくい」、「野球でバットとボールの間の立体感が分からない」、「3Dで映画を見たが、あまり浮き上がって見えない」などの方は、実は眼に問題がある場合があります。
人は左右の眼で見た別々の角度からの情報を脳で一つにすることで遠近感や立体感を判別しています。左右の眼から入る情報がズレていると、その距離感や立体感はズレてしまいます。
無意識に補正しようとして、無理に眼を動かす筋力や脳に負担が掛かり、余分な力が掛かり緊張状態になることで、疲れてしまいスポーツ時にはスタミナに影響しパフォーマンスが落ちたり、3Dなどの映画など暗い所での映像を見ていると眠たくなるという現象も起こります。
3Dの映画の立体感が分からない方やスポーツ時に眼がすごく疲れる方は、「両眼視機能検査」で左右両目を無理なく楽に見える様にすることで、スポーツ時のパフォーマンスの向上や3D映画などの立体感をお楽しみいただけるようになります。