STAFF BLOG

【梅田】装備としてのサングラスもオシャレに拘って選べばモチベーションアップ

2018.03.06

こんにちは、走る眼鏡屋ヒルトン梅田店の岡です。

寒かった2月が過ぎ、比較的暖かい日が数日続いた3月に入り、昼間はT-シャツ1枚でも走っていると暑い日も出てきました。
(今日からまた、グッと冷え込んでいるのでくれぐれも装備にはご注意を・・・。)

暖かくなってくると、木々が色づきだし山に行きたくなりますね~。

ってことで今回は、山の中を走るトレランスタイルのコーディネートと共に、スポーツサングラスの役割やなぜ必要なのか?も合わせてご紹介。

まずは、コーディネート

カラーバリエーションの豊富なIOMICサングラスの中から、カモフラ柄のランニング用T-シャツに合わせたサングラスがこちら

IOMIC EYEWEAR IS-101 ST-0121

 

ランニング用のパンツもカーキでT-シャツとサングラスに合わせました。

           

お気に入りのウェアで山を颯爽と走るのはとても気持ちいいですよね。

ただ、山の中を走るトレランでは、ウェアも見た目のオシャレさだけでなく、機能が伴っていないと里山程度の低山でも大変な事態になりかねません。標高の高い山に入るときは尚更です。

例えばT-シャツは、吸汗速乾機能は必須で、急なケガやアクシデントなどで下山しないうちに走れないような状態に陥った時に、汗冷えはそのまま低体温症を引き起こし、すぐに体を温めるなどの対処が出来なければ即座に重症化し、体が動かなくなり最悪の場合自力で下山出来なくなる可能性も出てきます。
これは命の危険を意味します。

そうならない為の第一の予防策として、絶対に装備を甘く見ないという事です。

ウェアの吸汗速乾機能は必須です。

また、山での急な天候の変化にも備えてレインウェアやウィンドウシェルを備えずに山に入ることは絶対にありません。

つまり自分を守る為に専用のギアを備えておくことが必要という事ですね。

 

そして屋外スポーツにおいて、皆さんのパフォーマンスを支える為に最も重要な視覚情報を得るのが眼

その眼を守るギアとしてとてもオススメなのがサングラスです。

トレイルランに限らず様々なスポーツにおいて、サングラスを掛ける理由として多くのアスリートに共通している点が3点ほどあります。

①紫外線対策 長時間瞳が紫外線にさらされる事からくる眼精疲労、そしてそこからくる体の疲労感を防ぐ為。 更には、白内障や翼状片といった、紫外線の影響により発症率が上がると言われている眼病のリスクから眼を守る為。

②集中力アップ(メンタル面) 炎天下の中では日差しが明るすぎ、余計に暑さを感じてしまい、そこから来る疲労感を回避する為。 視界が暗くなる事により、視野が狭く感じられ集中力が増す。 眼を隠す事で、表情を他の選手に悟られず心理戦を優位に進める為。 ラストスパート時等に、サングラスを外す事で急に視界が明るくなり、脳を覚醒させる効果がある。

③雨風や埃から眼を守る 。風によりドライアイになったり、小さな虫や埃、木の枝などが目に入る事を防ぎ目の怪我を防止する為。 雨が目に入るのを遮り、目を細めて視野が狭くなるのを防ぎ広い視野を確保する。

等々・・・。

 

上に上げた例は感じ方が個人によって様々な為、誰しもが同じ効果があるとは言えないとは思いますが、①や③はトレイルランナーは必ずしておいた方が良い対策と言えますよね。

 

これらの対策をオシャレに拘って選ぶことの出来るIOMICサングラスは、様々なスポーツを楽しむ方に、おススメです。

 

IOMICサングラスは度入りのサングラスとしてもお作りすることが可能です。
(*お度数によってお作り出来ない場合もございます。詳しくは各店スタッフまで気軽にお問合せ下さい。)

 

普段、メガネでお過ごしの方にもスポーツ時の専用ギアとしておススメです。是非、お試しください。

 

IOMIC EYEWEAR IS-101 ST-0121  ¥19,000(税抜)