STAFF BLOG

【神戸店】「肩こり」や「頭痛」もしかしたら眼が原因かもしれない?

2021.03.30

こんにちは。

グラスファクトリー神戸店の神門です。

 

 

今日は両眼視機能検査によるプリズム眼鏡を紹介します。

両眼視機能検査とは、左右の眼から入った情報が正確に脳に伝わり
ムリなく1つに像をまとめて見る事が出来ているかどうかを調べる検査です。

人は左右の眼からの情報を脳に伝達し、脳で一つにまとめ”脳で見ている”のです。

その脳に届く情報にズレがあると無意識にそのズレを補正しようと眼を動かしている筋肉が
必要以上に頑張って補正します。

そうすると眼を開けて何かしらを見ている時は常にその筋肉は緊張状態が続き
疲労してしまい眼精疲労、肩こり、頭痛を引き起こします。

 

 

両眼視の検査は特殊な偏光フィルターを使った眼位測定でポラテストと呼ばれています。人は近くのモノを見る時、必ず眼を寄せる必要があります。

例えば、目が元々外向きの人はまっすぐ(正位)の人に比べて大きく目を内側に向ける必要がある為
負担が大きくなります。

目を寄せる筋肉と眼を寄せるように指示を出す脳が疲労して、重い疲れ目となってしまいます。

 

以下のようなカバーアンカバーテスト行った際に、カバーをした方の眼球が動くと斜位の傾向があるという事です。

斜位にはそれぞれ種類がありますが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらの図は分かりやすくしたものですが、
カバーして注視する事を遮断すると、眼は元々見ている位置に戻ります。
カバーを外して注視するものを捉えようとして、眼の周りの眼筋を使って、
視線を合わせようとし右の眼のような位置に戻します。

それが常日頃から行われているために、眼の疲れが肩や頭痛などを引き起こしていました。

両眼で物体を捉えられている(視線にズレがない)方は左右で別々のものを見たとしても、
以下の図のように鳥がかごの中にいることになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、斜位の方はカゴの中に鳥がいない状態となります。

この場合に目が外側から内側へ動いたので、外斜位という目が元々外向きにある事が分かります。

この検査で検出された眼位矯正を行うことにより、今までモノを見る時に余分に掛かっていた
眼を動かす筋肉と脳の疲労を軽減することで、眼精疲労(目の疲れ・疲れ目)を抑え
肩こり、頭痛を改善できる可能性があります。

 

実際に装用して感じた事 (使用期間約1年)

私も約1前程前から初めて両眼視機能検査によるプリズム補正をされたZEISS社の眼鏡レンズを使用しています。
私の場合外斜位を矯正したレンズを使用しています。このタイプのレンズを使用する方の普段の眼の傾向として、長時間のスマホやパソコン作業といった、近距離のモノを見続けると、眼の疲れや頭痛、肩こり等といった症状が起こりやすいといったことがあいます。
もちろんこれらには、個人差があり、私の場合は、眼の疲労感とごくたまに頭が痛くなるといったことがありました。

実際に使用してみると「ふわふわした感覚」、「赤いモノが浮き上がって見える」、「物体が立体的に見える」
といった最初の頃の感じやすい装用感は個人差はありますが、私の場合感じたのは「ふわふわした感覚」と「少し遠近感」がいつもと違うという感覚でした。
以前使っていた、プリズムで補正されてないレンズでは感じない感覚でした。

これは今までモノを見る際に余分にかかっていた眼を動かす筋肉と脳の疲労をプリズム補正によって軽減したものの、以前の眼を動かす筋肉と脳の使い方とのギャップによって起こるもので、私の場合は数日で違和感はなく慣れることが出来ました。
今では時々、偏頭痛のような眼精疲労等の疲れからくるような症状もあったのですが、現在は起こる頻度も少なくなりました。

また先日、以前掛けていたプリズム補正の無い眼鏡を掛けると、違和感を感じるようになりました。
1年ほど前にはない違和感でした。
これは、私の眼がプリズムレンズによって補正された見え方に慣れたことを意味しています。
なので今は以前掛けていた眼鏡のレンズをプリズムレンズ と交換する事を検討しています。

 

 

・眼がとにかく疲れる(眼精疲労を強く感じる)

・物が時々、二重に見える

・遠近感を感じにくい

・本を読んでいて一瞬目を離すとどこを読んでいたのか分からなくなる

・ドライアイ症状である

など、眼からの違和感を感じる事があればまずはご相談ください。

【神戸店】プリズムレンズによる眼位矯正とは?

 


※お客様の混み合う状況を避け、安心してごゆっくりご来店いただけるよう
現在グラスファクトリーでは来店予約優先制で営業させて頂いております。
グラスファクトリーの視力測定では『ドイツ式世界最先端の両眼視機能検査』で
「快適で楽に見え負担が少ない」メガネを作る為に測定には約1時間のお時間を頂戴しております。

【神戸店】密を避けるためのご来店予約

来店フォームでのご予約

お電話、メールでのご予約

『GLASS FACTORY 神戸店』
電話番号:078-392-3080
メールアドレス:gfkobe@glassfactory.co.jp

ZEISSオーダーメイドレンズが出来るまで(来店からの流れ)

世界最先端の『両眼視機能検査方法』について

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

🏠👓⇄🕶☀️ グラスファクトリーでは最近良くお勧めさせていただいているレンズがございます。 それは日差しによって色が変わるレンズ、”調光レンズ”です! 室内にいると普通のレンズと変わりませんが、 室外に出るとレンズが紫外線に反応し、サングラスのように発色します。もちろん紫外線カットの機能もございます。 紫外線の強さによって反応しますので、その日の気候によって丁度良い色合いに変化するところも魅力の一つ。 こちらのzeissのレンズはアウトドアではブルーのカラーで着色され、インドアや夜間ではクリアになります。 カラーもバリエーション豊かにご用意しております。 これからの季節にもぴったりなレンズですので是非店舗でもお問い合わせください。

glassfactory/グラスファクトリー(@glassfactory.official)がシェアした投稿 –

 

 

 


 

『STAFF PROFILE』神門 良平(Ryouhei Kamikado)

1989年生まれ 大阪在住
趣味:スポーツ(テニス、サッカー)/ 映画鑑賞 / 買い物 / etc

豊富な商品に対する知識に基づいてのコーディネート提案を得意としています。
オシャレな眼鏡をではなく、お客様にとってのベストな眼鏡を

ご提案するをモットーにしてTPOに合わせてオススメさせて頂きます。

【GLASSFACTORY公式SNS】