STAFF BLOG

【堀江店】ウィズコロナ,アフターコロナに気をつけておきたい事とは?

2020.05.15

こんにちは

グラスファクトリー堀江店の森です。

前回、在宅期間が増加すれば眼はどうなるのか?

で、VDT症候群についてお話いたしました。

ウィズコロナ,アフターコロナに気をつけておきたい事とは?

以前よりコロナウィルスによる日々の感染者数は減少しつつありますが、気温の上昇や自粛疲れによる外出増加の可能性に伴い第2波~3波まであるのでは…!

という話も囁かれております。

 

 

私たちのライフスタイルもコロナ前とはまったく同じではないでしょう。

アフターコロナ後も在宅ワークは以前より増えるのではと言われております。

実際に在宅ワークやリモート会議にしてからも、
仕事の生産性は維持または向上ているという組織が多いそうです。

 

 

ということは…

VDT作業の時間は多くなり、
やはり私たちの眼は忙しくなることには変わりありません!

そこで

気をつけておきたい事は?

 

私たちの眼の負担を軽減できるよう、

適切な度数と作業距離の合ったメガネを使って快適な環境を維持する

ではないでしょうか。

 

 

今回は前回に続き…

VDT作業に最適なレンズとは?ということで

【ZIESS】のレンズからこちらをご紹介させていただきます。

【ZIESS】オフィスレンズ

室内のあらゆる作業において、自然でリラックスした視界をご提供できるレンズです。

 

また、ドライアイ眼精疲労予防にもなるブルーライトカットコーティング

も一緒に取り入れていただくことをおすすめいたします。

【ZIESS】ブルーライトカットコーティング

いかがでしたでしょうか?

 

今までメガネと縁がなかった方でも今回の事態により長期間の在宅ワークを余儀なくされ、
眼に何らかの異常を感じてご来店くださるお客様も多くなりました。

私は大丈夫!

と思っていらっしゃる方も
ウィズコロナの機会にご自身の大切なとも向き合ってみて下さい。

それではまた。


グラスファクトリーの視力測定では『ドイツ式世界最先端の両眼視機能検査』で
「快適で楽に見え負担が少ない」メガネを作る為に測定には約1時間のお時間を頂戴しております。
下記のバナーから来店予約頂けますとお待たせする事なくスムーズにご案内することが出来ます。

国内でも数少ないドイツ式両眼視機能検査で今までにない最高級の視界を

ZEISSオーダーメイドレンズが出来るまで(来店からの流れ)

【コロナウィルス関連】

【オフィシャル】≪アフターコロナの世界≫GLASS FACTORYが進むべき道


Staff profile
森 友恵(Tomoe Mori)

グラスファクトリーでは、グローバル基準のドイツ式MCH検査
(両眼視機能検査)を実施いたしております。

詳しくはこちらの視力測定コンテンツをご覧ください。
グラスファクトリー各店で、MCH(両眼視機能検査)のご予約をお受付いたしております。
※MCH(両眼視機能検査)の測定には約1時間のお時間が掛かりますので、ご予約優先となりますので予めご了承くださいませ。

【GLASSFACTORY公式SNS】