STAFF BLOG

【神戸店】プラスチックフレームの鼻のあたり方、改善できます・ノーズパッド取り付け(プラスチックパッド)

2020.02.20

こんにちは。

グラスファクトリー神戸店の神門です。

現在開催中「FRAME MAINTENANCE CAMPAIGN(フレームメンテナンスキャンペーン)」

デザインは気に入ったけど、どうにも掛け心地が悪いな・・・や
夏特有の汗や皮脂によってズレやすくなる。なんてことはありませんか?

根本的な掛け心地を修正するのはもちろんですが、フレームと一体型のプラスチックフレームはちょっとした微調整が出来ない事が難点と言われる方が、ちらほらいらっしゃいます。

そんな方に。。。

一体型の鼻部分をクリングスと呼ばれる
よくメタルフレームに使用されている金属足の鼻パットに交換できることをご存知ですか?

まず山なりになっている鼻パットをカットします。
一旦、こんな感じになります。

カットした部分は綺麗にヤスリを入れてフレームの形を整えていきます。

削った部分はツヤが無くなっているので、
その部分を再びツヤがある状態に持っていきます。

そこに、金属パットを付けていきます。

いかがでしょう?
自然な形で接着しています。

仕上がりはこんな感じです。

睫毛があたる、どの眼鏡を掛けてもズレる。
そんな方にお勧めの鼻パットは¥4,000+taxで仕上げられます。

ぜひ店頭にてご相談ください 。


グラスファクトリーの視力測定では『ドイツ式世界最先端の両眼視機能検査』で
「快適で楽に見え負担が少ない」メガネを作る為に測定には約1時間のお時間を頂戴しております。
下記のバナーから来店予約頂けますとお待たせする事なくスムーズにご案内することが出来ます。

ZEISSオーダーメイドレンズが出来るまで(来店からの流れ)


 

『STAFF PROFILE』神門 良平(Ryouhei Kamikado)

1989年生まれ 大阪在住
趣味:スポーツ(テニス、サッカー)/ 映画鑑賞 / 買い物 / etc

豊富な商品に対する知識に基づいてのコーディネート提案を得意としています。
オシャレな眼鏡をではなく、お客様にとってのベストな眼鏡を
ご提案するをモットーにしてTPOに合わせてオススメさせて頂きます。

【GLASSFACTORY公式SNS】