前田 由利(まえだ ゆり)様

前田 由利(まえだ ゆり)様

PROFILE
一級建築士事務所 YURI DESIGN(ユリデザイン)代表

1986年3月 関西大学工学部建築学科卒業
1998年10月 一級建築士事務所 YURI DESIGN設立・草屋根住宅を中心に、医療施設、店舗などの新築、改装の設計及び監理
2002年~2010年 関西大学非常勤講師
2015年10月11日放送 「大改造!!劇的ビフォーアフター SEASONⅡ」にて“草屋根の振付師”として物件の改築を手掛け、「匠」として紹介。

モニター前田 由利様のその後のレポート

一級建築士事務所 YURI DESIGN(ユリデザイン)代表の前田様にモニター頂きました。
前回のモニターの様子

「匠」の一級建築士の立体感、遠近感と図面作成における見え方の改善について

建築物の立体感、遠近感と図面作成時の手元の見え方と眼精疲労、肩こりの改善について。
代表建築“草屋根”住宅を中心に、医療施設、店舗などの新築、改装を数多く手がけ、テレビの人気番組「大改造!!劇的ビフォーアフター SEASONⅡ」にて“草屋根の振付師”として物件の改築を手掛け、「匠」として紹介される一級建築士 前田 由利様。

佐野:「両眼視機能検査をさせて頂いたプリズムメガネをお作り頂いてから約1年近く経ちましたが、慣れるまでの感じや、慣れてからの率直な感想ってどんな感じですか?」

前田様:「正直初めてのプリズムメガネだったので、見え方に慣れるまで2週間ぐらいはかかりました。最初掛けた時はムリかも・・・。と思うくらいでしたが、慣れてくるにしたがって、本当にすごく目が楽になっていって、肩こりが本当になくなりました!!」
「1日仕事をしていると眼の奥が重いというか痛いという感じでしたが、その眼の奥の重さや痛みは無くなりましたし、今までは、眼が疲れて夕方くらいにはしんどくて、仕事はここまでしよう・・・。と言う感じであきらめていましたが眼の疲れが減って、肩こりや頭痛が無いので楽に仕事が出来る様になりました。」
「肩こりや頭痛がひどいときには、週に1~2回鍼灸院に通っていましたが、このメガネを掛けてからは、ほとんど肩こりや頭痛がなくなったので、鍼灸院などに行かなくて良くなりました。」

佐野:「僕自身もこの両眼視機能検査で作るプリズムメガネを掛けてから本当に肩こりがなくなり、偏頭痛もなくなったので、前田様のお話お伺いした時に肩こりや頭痛があると聞いて、両眼視機能検査をさせて頂くことでその肩こりや頭痛を軽減できることが最大の効果と思い測定させて頂きましたので、前田様の肩こりや頭痛がなくなったと聞いて、本当にうれしく思います。」
「前田様のように実際の建築物などの立体感を見たりする遠方視と図面などの近方視を繰り返す目の使い方をされている方は、それだけでもかなりのピント調節筋と輻輳ふくそうと呼ばれる目を内側に寄せる筋肉を酷使しますので、すごい目の疲れだったと思います。」

「実際測定させて頂くと前田様は“外斜位”という斜位がありますので、図面などを見る際の近くを見るときの輻輳ふくそうという目を内側に寄せるのに、凄く目を動かす眼筋の力を必要とする目をされていましたので、その眼筋の負荷を減らすようにプリズムレンズでお作りさせて頂きましたので、肩こりなどにつながる眼筋の疲れが減って肩こり、頭痛が無くなったとご実感頂けたのだと思います。」

前田様:「本当に実体験で肩こりや頭痛がなくなったので、知り合いや友人などで肩こりや頭痛があるとお困りの方には、凄くお勧めしていますよ(笑)」

佐野:「ありがとうございます。」

前田様:「この遠近両用メガネを作ってもらうときにも佐野さんにオススメしてもらってましたが、このメガネで外で仕事するときは完璧なんですが、1日中事務所で設計に没頭するときなどには、パソコンと資料しか見ないので、その時はやっぱり少ししんどいんですよね・・・。」

佐野:「そうですね。このメガネをお作り頂く時にもご説明させて頂いた通り、1日中のパソコンでの設計などには、中近両用の手元40cm程度から必要な明視域を設定できるオフィスレンズというのがオススメなんです。」
「ちょっと実際の設計作業スペースで必要な明視域を確認してみましょうか。」

前田様:「ここに座ってこのモニターを使って設計して図面などはこの辺に置いて作業することが多いです。」

佐野様:「モニターまでの距離が75cmで、図面までが約45cmですね。」
「事務所内の階段もありますし、あちらのテーブルでのミーティングなどの事も考えると、最大明視域で2m程度のオフィスレンズがオススメですね。」
「お伝えしました最大明視域2mのオフィスレンズのテストレンズもご用意しておりますので、是非見え方試しにいらしてくださいね。」

後日、実際にご来店頂きました。

前田様:「こんにちは。先日のパソコンや図面の距離に合わせたオフィスレンズを試しに来ました。」

佐野:「それでは、早速ご覧頂きますね。」
「図面までの距離が45cmでしたのでこの距離ですね。」

前田様:「スマホにメールで連絡が来ることも多いので、一回スマホ見てみますね。」
「楽に見えてますね。」

佐野:「それでモニターまでの距離が75cmでしたので、実際のお使いのモニターよりは小さいですがこのiPadまでの距離が75cmです。」
「いかがですか?」

前田様:「確かに今の遠近両用よりもパソコンのモニターがすごく見やすいです。」
「これなら1日中パソコンでの設計作業にはぴったりですね。」

佐野:「ですよね。最大明視域で2m程度まで見えますので、前田様のご自宅兼事務所では階段もございますが、これなら階段も上り下りしていただけて、家の中ではこちらの眼鏡でほぼ全般のことが見て頂けると思います。」

前田様:「そしたらこれで作ってください。」

佐野:「それでは、こちらでお作りさせて頂きますね。」

「前田様、また今回も貴重なお時間やご感想頂き、ありがとうございました。」


前回のモニターの様子

「いい時間は、いい空間がつくる」を
コンセプトに夏は涼しく、
冬は暖かい代表建築”草屋根”を提案。

一級建築士事務所「YURI DESIGN」
〒658-0047
兵庫県神戸市東灘区御影3丁目8番4号
TEL:078-846-5125 FAX:078-846-6525
http://www.yuri-d.com/