菊川 光徳(きくがわ みつのり)様

菊川 光徳(きくがわ みつのり)様

PROFILE
株式会社ソトアソ
O.B.S KISAICHI(アウトドアベースソトアソ きさいち) オーナー
スポーツジムインストラクターを経てマリンスポーツ業界に18年携わる。海遊びだけでなく、外遊び全般を提案できる「SOTOASO(ソトアソ)」を立ち上げ、トレイルランにハマり、その奥深さに魅了される。FUNトレイルランで山を自分の脚で楽しみ、海をSUP(パドルボード)で愉しむ、ONもOFFも“外遊び”をライフスタイルにしています。

主催レース:交野里山チャレンジカップ
協賛/サポート/出店レース:大台町トレイルランニングレース(三重県)、熊野古道トレイルランニングレース(和歌山県)、忍者トレイルランニングレース(三重県)、KOBE・Mt.六甲 SEA to MOUNTAIN トレイルランニングレース(兵庫県)、SNOW VERTICAL DOWN ~NAEBA-RISING~(新潟県)
参戦レース:JSDSグリーンピア三木デュアスロン大会(1998,1999)、JSDS舞洲スポーツアイランドデュアスロン大会(1999)、日本デュアスロン選手権若狭路大会(一般の部)(2001)、大阪マラソン(2012)、神戸マラソン(2012)、伊勢の森トレイルランニングレース(2012)、国頭村トレイルランニングレース(2013)、志賀高原トレイルランニングレース(2013)、信越五岳トレイルランニングレース(2015)、那覇マラソン(2015)、信越五岳トレイルランニングレース(2016)

モニター菊川様のその後のレポートについて

交野市のトレランを中心としたアウトドアショップSOTOASOのオーナーの菊川様にモニター頂きました。
前回のモニターの様子
トレラン用メガネのその後の調子をお伺いさせて頂きに行ってきました。

岡:「お作り頂いてから約1年近く経ちましたが、慣れるまでの感じや、慣れてからの率直な感想ってどんな感じですか?」

菊川:「お店で視力検査をして度数を合わせてもらった時から感じていたのですが、まずは何といってもめちゃくちゃよく見える!ただ、こんなに見えるメガネやコンタクトを今までしたことがなかったので、見えすぎて疲れるんじゃないか?という不安はありました。
でも、実際に使ってみて慣れるまでには・・・、2週間か3週間くらいかかったと思うのですが、あの頃は実際に走る時間がすごくあったわけでもないので、掛けて走った回数でいくと3回目か4回目くらいだったと思うのですが、それくらいにはほぼ違和感なく使えるようになりましたね。最初のころは特にトレイルの下りで、見えすぎて地面が迫ってくるような感じがして怖く感じたこともありましたが、そこに慣れてからは足元もくっきり見えるので、薄暗いトレイルでもコース取りや足を置いていく場所にも迷いが無くなり走りやすくなった気がします。あと、景色が抜群に綺麗に見える事と色々な物の色が鮮やかに明るく見えるのでそこも驚きました。」

岡:「トレイルでの足元のくっきり感は、プリズムレンズによって菊川さんの眼位の補正をさせて頂いた事も良かったかと思います。人の眼は距離感を合わせるピント調節も対象物を追いかける眼の動きも、眼の周りの様々な筋肉の力で動かしています。スポーツ時には競技によってその動きは様々な特徴がありますが、通常の視力以外に、動体視力が必要になります。簡単に言うと「動くものを正確に視る力」ですね。ランニング時は当然景色が動きますのでその動体視力も必要になるのですが、この動体視力に大きく関わるのが「眼位」です。外見上では分からないレベルの眼位のズレがある人は意外と少なくありません。そしてこの微妙な眼位のズレは「正確に素早く楽に視る」事に関して影響を及ぼします。眼位にズレがある場合はそのズレと反対方向に目を動かすのに通常よりも強い筋力が必要になったり、時間がかかったりするため、くっきり感や立体感が出にくかったり、眼が疲れやすくなったりします。そして疲れがでると通常の視力も出にくくなるといったように悪循環に陥りやすくなってしまいます。トレイルランニングでは地面の起伏の激しい山の中を走りますので、比較的遠くまで見通しの良いロードを走っている時と違って、足元を見ている時間が多くなります。当然、遠くの景色を見ている時よりも足元を見ている時の方が視界は速く動きますので、より正確な動体視力が必要になります。今回お作りさせて頂いたメガネは、プリズムレンズで菊川さんの眼位の補正までさせて頂いておりますので、日常生活での見え方以上にシビアなスポーツ時の動体視力のアシスト効果で、トレイルでの足元のくっきり感をより感じて頂けたんではないかと思います。」

菊川:「コンタクトで走っている時にも「困ることはない」くらいに思っていましたが、一旦このメガネの見え方を覚えちゃうとやっぱりこの視界を求めちゃいますね。っていうか、こんなに見えてないと自分で分かっていなかったですね(笑)以前は、走っている時に限らず、転んで結構な大けがをする事もあったんですが、ひょっとしたら見えてなかったからですかね?(笑)」

岡:「断言はできませんが、可能性は大いにあると思いますよ。菊川さんの場合、「見えてない」っていう自覚はなかったみたいですが、実際にはあまり見えていなかったわけで、その視覚情報が正確でないと、それに反応する体の動きは当然変わってきますからね。」

菊川:「そういえば視力を測ってもらった時にも、「眼位のズレ」の話をしてもらったと思うけど、実際に使う前は正直その意味があんまり分かってなかったんですよ。元々乱視が強くて見えすぎると疲れるっていう先入観もあって、今まではかなり緩めに度数を合わせたメガネばっかり使ってたんです。だから今回は出来上がるまでも心配でしたし、使い始めは多少の違和感もあったので、ちゃんと慣らせるかな?っていう不安もあったんですが意外とスムーズに慣らせたし、掛けて走っている時に疲れるような事もなく集中して走れてるのは、そこまで細かく測ってくれてたからなんですね。」

岡:「有難うございます。では、逆に困ることや不便に感じる事はありませんでしたか?」

菊川:「そうですね・・・。今回クリアレンズで作ったので、真夏に感じたのは、この見え方でサングラスもあったらなぁ・・・って感じですかねぇ。最近眩しさにも弱くなってきたようで・・・(笑)」

岡:「でも、トレイルって木陰とかで意外と薄暗いところが多くないですか?」

菊川:「そうなんですよね、暗いのも見えにくいのでサングラスにするにしてもあんまり真っ黒のレンズにすると余計に見えにくいのかな?とか思って躊躇してるというか、真剣に探してないというか・・・(笑)」

岡:「いや、真剣に探してくださいよ(笑)眩しさって凄く眼を疲れさせるので、我慢するのは良くないんです。視神経ってダイレクトに脳に繋がっているので「見えにくい」とか「目が疲れる」とか眼に関するストレスは脳にもダイレクトにストレスを与えちゃうんです。そして脳のストレスは著しくスタミナを消耗します。「一番カロリーを消費するのは難しい勉強をしている時」なんて言われることもある程ですからね。なので、眩しさ対策は絶対に怠ってはダメですよ。」

菊川:「すいません・・・(笑)」

岡:「僕自身も使ってて、お勧めのレンズがあるんです。ちょっとこれ見て頂いていいですか?」

菊川:「え?これ普通のクリアレンズですよね?」

岡:「そうなんです。室内や夜など紫外線のない所ではクリアのままなんですが・・・、ちょっとこの紫外線ライトを当ててみますね・・・。紫外線に反応してレンズに色が付きサングラスに変わっていくんです。」

菊川:「えーっ!何ですかこれっ?!手品みたいですね(笑)」

岡:「紫外線に反応してレンズカラーが変わる仕組みになっているので、紫外線量の多い快晴の時には濃くなりますし、曇りや雨の時には薄く色ずく程度、夜や室内ではクリアと、その時の環境に応じてレンズ濃度を調整してくれる「調光レンズ」っていうとても便利なレンズなんです。」

菊川:「あ、これ岡さんがいつも掛けてるやつもそうですか?」

岡:「そうです、僕はランニングの時はロードでもトレイルでも最近はいつもこのレンズがついたサングラスをしています。」

菊川:「実はちょっと気になってたんです。一緒に走ってるときに見るたびにレンズの色の濃さが違ってるので不思議に思ってたんです。ヘッドライトが必要なナイトトレイルの時は透明になってましたよね?紫外線に反応して濃さが変わってたんですね?」

岡:「この仕組みが、トレイルのように陽向と日影が刻々と変わる環境や、ランニングやバイクのように長時間のアクティビティーの時の天候の変化にも1本のサングラスで対応してくれるので、めちゃくちゃ便利なんです。しかも最近の調光レンズは色づくときも退色するときも、その変化のスピードが従来の物に比べて早くなっているので、よりスポーツ向きになってきているので快適に使えます。」
菊川:「晴れた日の昼間だと色が濃くなっちゃって、木々が生い茂っている薄暗いトレイルだと見にくくないですか?」

岡:「その生い茂っている木々のおかげで紫外線も街中に比べると少なくなっているので、晴れていても真っ黒にはならないんですよ。クリアだと少し眩しいけど真っ黒だと暗くなりすぎて見えにくいっていう事がないように、絶妙な仕組みになっているんです。」

菊川:「最高じゃないですか!なんでもっと前に教えてくれないんですか?!(笑)」

岡:「すいません・・・(笑)、今回は完全矯正をベースにした精密度数とプリズムレンズにちゃんと慣れて頂けるか?という事も経過を確認しなければいけませんでしたので、まずはクリアレンズで使って頂きました。でも、全く問題なさそうですのでこの調光レンズも自信をもっておススメ出来ますね。カラーバリエーションも4色あって、ロード向きトレイル向き等、使用環境によってのおすすめカラーもありますし、夏だけでなく1年中おすすめのレンズですので、是非、検討してみてください。」

菊川:「これはめちゃくちゃ気になりますね~!」

岡:「前回に続いて、今回も貴重な使用感をお伝え頂きありがとうございました。」


前回のモニターの様子

生駒山系、交野の山々のトレイルヘッドへ至近の京阪・私市(きさいち)駅から徒歩10秒のアウトドア・ショップ

株式会社ソトアソ
O.B.S KISAICHI(アウトドアベースソトアソ きさいち)
〒576-0032 大阪府交野市私市山手3丁目1-14-105