LENS

グラスファクトリーの視力測定

測定の流れ



1.問診

現在お使いの眼鏡のお度数で夜が見えにくい・掛けにくい・ズレやすいなどご不満のある部分をお伺いします。今回のお作りするメガネの用途を確定します。

2.測定

人の目は昼間と夜間で疲れや光量の違いから瞳孔サイズが変わります。この瞳孔サイズをお測りするのと同時に角膜形状をお測りし、今までの測定ではお作りする事が出来ない超精密度数で目を測定します。

3.カウンセリング

i.profiler®plusで測定した眼の状態をご説明し、ライフスタイルに合ったレンズをご提案します。

4.VRによる疑似体験

お選び頂きましたレンズの見え方を、VRによる仮想現実で疑似体験頂けます。

VRを使ったレンズ選択

ZEISSドライブセーフレンズや遠近両用レンズ、室内用中近両用ZEISSOfficeレンズ、スマートフォンやタブレット等現代人の眼の使い方に合わせたZEISS デジタルレンズ等レンズの種類や設計での見え方の違いをVRでご確認、体験頂きレンズを選択して頂けます。

ZEISS ドライブセーフレンズ
遠近両用レンズ
室内用(中近)
ZEISS Officeレンズ
ZEISS デジタルレンズ

5.デジタルアイポイント計測フィッティング

超精密度数でレンズをお作りしても、アイポイントや前傾角、そり角等フィッティングポイントがズレていては、レンズ本来のパフォーマンスが発揮されませんので、最新のデジタル機器で計測します。

レンズコンテンツトップへ戻る