Eyesight Measurement of GLASSFACTORY

グラスファクトリーの視力測定

グラスファクトリー創業当時は、ファッションは世界共通でありながら、眼鏡だけがそこから切り離される時代でした。
「ライフスタイルに合わせてアイウェアをコーディネートする。」
この創業から変わらぬ想いで20年を超え、次なるステージ、ファッションと医療の両立へ。
ライフスタイルに合わせてコーディネートするファッションの部分とそのライフスタイルに合わせて「より快適でクリアな視界をご提供する」という眼鏡本来の医療の部分の両立を目指している中で、グラスファクトリーが選んだのは、ドイツ式検査のZEISSでした。
医療先進国のヨーロッパで最先端の医療機器として導入されているZEISS社の測定機器とレンズの導入を行い、「より明るくはっきりと見え、夜間視力が向上する世界最先端の視力測定」を行います。
日本と違いヨーロッパで眼鏡は完全に医療器具として扱われており、そのヨーロッパでも最先端医療として現場で導入されているのがZEISS(カールツァイス)の測定機器です。
日本では、まだ10台程しか導入されていない世界最先端の測定機器です。
その世界最先端のi.profiler®plusを使用してお客様の眼を測定いたします。
人の目は昼間と夜間で疲れや光量の違いから瞳孔サイズが変わります。
このi.profiler®plusで測定すると昼間と夜間の瞳孔サイズの違いをお測りするのと同時に角膜形状をお測りし、今までの測定ではお作りする事が出来ない超精密度数で眼を測定します。
例えば、従来の眼鏡度数は0.25Dという度数調整の単位が決まっておりましたが、グラスファクトリーではより細かく精密に0.01D単位でお客様の眼に微調整最適化をしたi.scription®処方で究極のカスタムオーダー度数で処方します。
今までの眼鏡では、お度数が出にくい方や乱視のお度数がレンズの製作範囲外の為どこに行っても正確なお度数で眼鏡をお作り出来なかった方、夜が見えにくい方など特注度数のレンズ製作も可能です。