STAFF BLOG

【STAFF 上島】薄着シーズンのアクセントに最適!菅田将暉さん着用でも話題 ~PINE(パイン)グラスコード再入荷のお知らせ~

2019.03.02

ボンソワール 🇫🇷、こんばんは!

どーも!『神戸のパリジャン』ことG-MAN(じーまん)です。

 

表題にもありますが、 ドラマ「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子(2016年)」で菅田将暉さんが着用されて以降、グラスファクトリーでも非常にお問い合わせが多く、入荷しては即完売を繰り返しておりましたPINE(パイン)のグラスコード

 

 

このたび新色を追加して、久しぶりに再入荷してまいりましたので改めてご紹介させて頂きます。

 

 

PINE(パイン)のグラスコードMG1003-01

※色は右上から時計回りに①Black×Yellow(新色) ②Black×Navy ③Natural×Khaki(新色) お値段は各¥8,424-(税込)

3色とも絶妙な配色で甲乙つけがたいですね!!!

どの色にしようか…なかなか決めれない優柔不断なそこのアナタ!ならいっそのこと(3色まとめて)大人買いはどうですか?

 

 

2019年春夏、メンズファッションのトレンドのスタイルと言えば「ビッグシルエット」に「スポーツミックス」

まだまだカジュアル色の傾向が強い印象です。

そしてトレンドカラーは蛍光色(ネオンカラー)、アイテムで言えば「ベスト」なども要注目ですね!

私見ですが、そういった時代背景には数年前にトレンドだったノームコアが徐々に変化していき、近年ではシルエットやカラー、柄やロゴなど、何らかの手段で装飾性を加えて変化をつけることが求められている気がします。

下のようなコーディネート時に、Tシャツやパンツの色とグラスコードの紐の色を合わせてみたり、また重ね着(レイヤード)ができなくて単調で平坦な表情になりやすい薄着の季節にベストや小物等と一緒にサングラスやグラスコードをプラスして凹凸(アクセント/立体感)と「こじゃれ感」を演出してみるのも非常にオシャレで素敵ではないかと思います。

出典:https://www.pinterest.jp/

 

 

今回も即完売が予想されるPINE(パイン)のグラスコード。

あっ!このBlogを書いている間にも1つ売れていきました(笑)

遠方にお住いのお客様はGLASS FACTORYの通販サイト、もしくはお電話からもご注文承れますのでお気軽にご相談下さい。

 

 

今回の記事でPINE(パイン)ならびにグラスコードが気になった方はこちらのBlogも合わせてどうぞ ↓↓↓↓

【STAFF 上島】じーまんのルネッツ エ ヴェトゥモン Vol.8

【STAFF 上島】PINE POP-UP開催中! ~じーまんのルネッツ エ ヴェトゥモン Vol.12

私もPINE(パイン)のグラスコード愛用してます♡

 

 

『眼鏡と洋服のトータルコーディネート』を提案しつづけてグラスファクトリーはおかげさまで昨年で22周年を迎えることができました。
これもひとえに皆さまの支えあってのこと、本当にありがとうございます。

23年目のシーズンもぜひ私達に眼鏡・サングラスを通じて皆様のライフワークを彩るお手伝いをさせて下さい。

最後まで読んで頂きありがとうございます。
それではまた、アビャントー!

 

 

【関連記事】

>> 「石原さとみサマ、神崎恵サマ着用 ~OWDEN(オーデン)人気アイテム再入荷のお知らせ~」

>> 「宮迫博之サマ(雨上がり決死隊)に神戸店でMATSUDAをご購入頂きました!」

>> 「世界一ハイクオリティなメンズ誌「THE RAKE」に掲載! ~BEAMSクリエイティブディレクター 中村達也様にグラスファクトリーの眼鏡をご紹介頂きました。」

 

Staff Profile
上島 英智(Hidetomo Parisien Uejima)

商品ブランディング ならびにInstagram運営担当

1977年1月7日生まれ(42歳)/A型

奈良県出身/大阪市在住

座右の銘、好きな言葉:「Qui se ressemble s’assemble」(類は友を呼ぶ) / 外見は1番外側の中身

趣味:音楽(主にJazz & House) 映画鑑賞 / 買い物 / ワイン&食べること / 海外旅行 etc

 

【私のこだわり】
眼鏡と洋服とフランスをこよなく愛し、毎シーズンごとのトレンドを意識しながら、フレンチ&海外生活で培った「グローバルな視点と日本人らしさ」をベースに自分と由縁のある場所や人、ブランドの時代背景をも融合させたMIXスタイルが得意。その他、この業界に入ったきっかけなど、スタッフインタビューはこちら

【最後にひと言】
眼鏡業界歴20年の知識と経験はもちろん、お客様の個性・ライフワークをしっかりとお伺いさせて頂き、従来の「眼鏡店」の固定概念にとらわれない「眼鏡と洋服のトータルコーディネート」スタイリング提案ならぜひ私にお任せ下さい。