STAFF BLOG

【堀江店】調光レンズオススメです!!!

2019.03.03

こんにちは。

グラスファクトリー堀江店の田中です。

GLASS FACTORYのHPに追加されました
『ZEISSのPhotoFusion技術を用いた調光レンズ』

…のご説明をさせて頂きます。

まず調光レンズとは何なのか?

紫外線量に感応して特性を変える常用レンズで
眼鏡をかけているとまぶしくて疲れる!かといってサングラスと掛け替えたり持ち歩くのは面倒!
という方に最適な1本で2つの役割をこなすアイテムです。

外に出ればサングラスに変化・・・室内や夜の時間帯など紫外線が当たらない、
可視光線の影響が少ない場所などでは透明の状態へ戻っていきます。

・ゴルフの際にプレー中はサングラスでクラブハウスに入るとクリアレンズに戻る、
 また天候により最適な濃さになる。(晴天時は濃く、曇りの際には薄く)

・旅行や買い物の際になるねく荷物を減らしたいがサングラスも掛けたい。

・自転車によく乗る方は昼間はサングラス、夜はクリアレンズとして使用出来る。

など色々な状況に合わせて非常に便利に使っていただいています。

細いフレームの眼鏡タイプでずっと濃い色が入っている状態ではイカつく見えて嫌だ!
なんて方にもオススメさせていただきます。

しかし車のフロントガラスなどにはUVカットが入っているため紫外線によるレンズカラーの変化は弱くなります。
ですので運転の際の車中での着用は少し注意が必要です。

それでは実際に色が変化する下の動画をご覧ください↓↓↓↓

約5秒ぐらいで着色、そして30秒を経過する頃にはサングラス用のレンズに早変わりです!
※紫外線量が同じであっても、気温の高い夏は色が濃くなりづらく、気温の低い冬は色が濃くなります。
※車中など、紫外線カットガラスの中では発色しません。
※濃くなってから淡くなるまで、着色に比べ退色には多少時間がかかります。トンネル等、暗い場所に入る際は危険ですのでご注意ください。


通常、調光レンズといえば、ブラウンとグレーの2色しかないのですが、
通常のグレーよりも濃く色が変化するエクストラグレーや
度付きで作れる調光レンズとしては初めて見るグリーンカラーの”パイオニア”や
すごくファッション的に見えるブルーカラーも選んで頂けます。

メインの眼鏡との使い分けで調光レンズ(PhotoFusion)はいかがでしょうか??

詳しくはお電話、もしくは店頭でスタッフに気軽にお声がけください。


Staff profile

田中 翔太(たなか しょうた)

 

 

 

 

 

 

 

 

GLASSFACTORY 堀江店

ADDRESS:〒550-0015 大阪市西区南堀江1-15-10 ソレイユ南堀江1F

TEL:06-6536-3337

グラスファクトリーでは、グローバル基準のドイツ式MCH検査(両眼視機能検査)を実施いたしております。
詳しくはこちらの視力測定コンテンツをご覧ください。
グラスファクトリー各店で、MCH(両眼視機能検査)のご予約をお受付いたしております。

※MCH(両眼視機能検査)の測定には約1時間のお時間が掛かりますので、ご予約優先となります。
予めご了承くださいませ。