STAFF BLOG

【堀江店】眼鏡を長くご利用いただくために、レンズとフレームのメンテナンスを!

2018.08.29

こんばんは、堀江店の岩本です。

すでにお気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが

9・1(SAT)~10.8(MON)の期間

メンテナンスキャンペーンが行われます!

 

その中でご紹介させていただいているこちら!

視界の見えづらさ以外の気になる頭痛や目の奥の痛み、肩こり、首のこり、眼精疲労などでお悩みの場合は

まず一度こちらから測定のご予約を行っていただき、その上でご相談いただければと思います。

そしてフレームの不具合でお悩みであればぜひ一度期間中にご来店ください。

キャンペーン中はこんなケアがお得な価格で!

 

フレームも綺麗になればレンズも新調したくなりませんか?

そこでグラスファクトリー堀江店での視力測定の流れをご紹介させていただきます。

 

まずは問診。お持ちである場合はその眼鏡の見え方や状態。

眼鏡を使用する環境であったりなど様々なことをお伺いします。

その上でどのようなお度数の眼鏡が必要なのか、眼鏡の用途の確定をします。

 

そしてi.profiler®plusという測定器を使い、眼の状態をチェックさせていただきます。

人の眼は昼間と夜間で疲れや光量の違いから瞳孔サイズが変わります。

この瞳孔サイズをお測りするのと同時に角膜の形状をお測りし、今までの測定ではお作りする事が出来ない超

精密度数で眼を測定します。

 

i.profiler®plusにより測定させていただいた眼の状態をご説明させていただきながら

ライフスタイルに合ったレンズをご提案します。

そしてVRを使うことにより、レンズの見え方を擬似体験していただけます。

そしてお決まりになったメガネフレームのフルフィッティングを行います。

超精密度数でレンズをお作りしても、アイポイント(眼の位置)や眼鏡と眼の距離。

前傾角(横から見たときのメガネの傾き)、そり角(メガネのカーブ具合など)フィッティングポイントが

ズレていては、レンズ本来のパフォーマンスが発揮されません。

※実際度数入りの眼鏡を掛けた状態でフレームを傾けたり話したりすると見え方に影響が出るのがわかると思います)

ので、最新のデジタル機器で計測します。

 

その後、必要であれば特別な検査に移らせていただきます。

※ご利用にはご予約をお願いいたします!ご予約はこちら

 

是非一度新しくなったグラスファクトリーの測定を体感しにいらしてくださいね!!

 

 

Staff profile

岩本 賢吾(いわもと けんご)

 

 

 

 

 

 

 

 

1980年生まれ。GLASSFACTORY堀江店に勤務。
モデル業界からメガネ業界へ転身という異色の経歴の持つ堀江店の看板スタッフ。

 

GLASSFACTORY 堀江店

ADDRESS:〒550-0015 大阪市西区南堀江1-15-10 ソレイユ南堀江1F

TEL:06-6536-3337

グラスファクトリーでは、グローバル基準のドイツ式MCH検査(両眼視機能検査)を実施いたしております。
詳しくはこちらの視力測定コンテンツをご覧ください。
グラスファクトリー各店で、MCH(両眼視機能検査)のご予約をお受付いたしております。

※MCH(両眼視機能検査)の測定には約1時間のお時間が掛かりますので、ご予約優先となります。
予めご了承くださいませ。