STAFF BLOG

【神戸店】長年ご来店頂く顧客様のプリズムメガネとゴルフ用メガネ

2018.04.06

こんばんは。
グラスファクトリー神戸店の佐野です。

本日は、長年ご来店頂いております顧客様の実例をもとにご紹介いたします。

こちらの40代前半の男性のお客様、以前からお度数はかなりお強くコンタクトはせずにメガネで
お仕事もゴルフもされており、新しい最先端の視力測定が出来、より精密なお度数でのメガネが
お作り出来る事をお伝えすると、すごく興味を持って頂けご予約頂きご来店頂きました。

そこで、以前にお作り頂いた時には無かったZEISSの超精密に眼の測定が出来る
i.Profiler®Plusでの測定です。


昼間と夜の瞳孔の大きさの違いによる不正な乱視を受ける眼の状態や、夜の眼のお度数などの
お話をさせていただき、その夜見えにくくなる部分を改善する0.01単位の超精密度数で
お作りさせて頂くこととなりました。

その後に、「肩こりがひどい」というお話もお伺いしておりましたので、
ドイツ式の最先端の両眼視機能検査をさせて頂きました。

そうすると上下・左右共に斜位と言われる眼位(視線)のズレがある事が分かり、
「証明写真を撮るときに首が傾いてるよ」って言われませんか?とお尋ねすると、
「そうやねん!!」「メッチャ言われる!毎回直されるねん!」とお伝え頂きました。

「それは眼位(視線)のズレから首を曲げた方が平行に見えているからですよ」と
お伝えし、プリズムレンズで眼位矯正をさせて頂くこととなりました。

ゴルフも良くされる方ですので、ゴルフの時も正確な距離感やアンジュレーションが分かり易くなるので
普段用のメガネだけじゃなく、ゴルフ用にも今回のプリズムレンズでの作成をおすすめさせていただき、
2本お作り頂きました。

まだお渡しさせて頂いてから日が浅いので実際のゴルフでのご使用の感想は無いですが、
正確な距離感の判断やアンジュレーションの判断がつきやすく、スコアにも影響があると思いますので
一度ゴルフでご使用いただいた見え方の感想を聞かせて頂こうと思っております。

こちらのお客様のように首が傾いてるのを指摘される方や、肩こりがひどい方、
ゴルフやスポーツなどでどうも距離感が合わないなぁとお感じの方は、もしかすると
眼に原因があるかもしれませんので、是非ご相談ください。

下記より、視力測定のご予約をお受付いたしております。是非、視力測定コンテンツをご覧ください。


RYOSUKE SANO
【KOBE STORE MANAGER】
【profile】
自分自身の疲れ眼からくる、頭痛や肩こりがある事も含めて、
ドイツから来日頂いたスペシャルトレーナーによるMCH講習を受け、
改善した経験を活かし、様々なお客様の眼の悩みにご対応し
16年のキャリアを積んでいます。

両眼視機能検査視力測定予約をお受付しております。
視力測定ご予約フォームはコチラ
※測定はご予約優先で約1時間の測定時間となります。