STAFF BLOG

【堀江店】室内で目まぐるしく変わる見え方に対応するレンズ

2018.03.05

こんばんは、グラスファクトリー堀江店の岩本です。

 

本日はお仕事柄、室内で手元や中距離の鏡、など生活環境の中でめまぐるしく変化する距離感でメガネが合わない!

とお困りの方の症例をご紹介いたします。

眼鏡はお持ちでしたが、

眼鏡を掛けても手元を見る際には結局外して見てしまっているようでした。

アイパッドやスマホなどの確認もするし

お仕事中は手が離せないので掛け外しの手間が面倒!!どうにかして欲しい!ということで・・・

 

まずはi.Profiler®plusという最新機器を使っての他覚検査です。

お話を進めていくうちに、昼の明るい時間帯の見え方には問題はないけれども夜がちょっとぼんやりする・・・

なんだか見えにくい、ピントが合いにくいとのことでした。

 

眼の状態を確認させて頂くと

※お客様の明るい時間帯での目の状態

なるほど確かにお昼間の眼の状態は問題はないものの・・・

 

※お客様の暗い時間帯での目の状態

夜の時間帯が見えにくくなるような不正乱視の影響が見受けられました。

不正乱視を全てメガネで矯正することは不可能ですが、この不正乱視の影響が最も少ないのがi.Scription®処方ですので

まずは最高視力の出る最もプラス寄りの完全矯正度数をお測りさせて頂いたお度数に

ZEISS独自のアルゴリズムによる微調整最適化することで、結果くっきり鮮明に見え

でも眼の負担の少ない度数に最適化するZEISS i.Scription®処方を行いました。

※一番上がi.Profiler®plusでお測りさせていただいた0.25刻みでの他覚度数。
二番目が測定させて頂いた0.25刻みの自覚度数。
一番下はi.Scription®処方で他覚度数・自覚度数を元にZEISSの独自のアルゴリズムにより導き出された微調整最適化後の0.01単位のお度数。

お困りになっていた薄暗い時間・夜の時間帯などの見えづらさが解消されるお度数が導き出されました。

一般的な検査はこれで一旦おわりなのですが、

ここからさらに慢性的な肩凝り・頭痛などの原因の一つとされる「眼位のずれ」による「固視ずれ」が無いのかをお調べさせて頂く為に両眼視機能検査をさせていただきました。

そうすると外斜位という視線を内側に寄せる(輻輳)のに必要以上に余分な力がかかる眼をされていました。

特に今回のお客様の場合はお仕事上、近方部分に目線を合わせる機会が多いので慢性的な肩こりの原因の1つになっていたと思われます。

 

眼位のズレ、いわゆる視線のズレが起こっている為、プリズムレンズをお勧めさせて頂きました。

 

プリズムレンズによる視力矯正を行い視線のズレを補正し、対象物を楽に見て頂けるように処方させて頂きました。

 

 

さらに今回、ZEISSのDIGITAL LENS(デジタルレンズ)という近見の際の目の負担を軽減するアシストレンズをお勧めさせて頂きました。
これで快適にデジタルライフが送れるはず!

 

 

プリズムレンズご使用後、しばらくは慣れるまで少しお時間がかかられていたようですが、

慣れてからは今までほとんど掛ける事の無かった眼鏡を掛けっぱなしにしてストレス少なく過ごされているようです!

また、夜の時間帯は自転車にもよく乗られるそうなのですが、くっきりはっきり見えるのに疲れない!

ということで快適に使って頂けているようです。

 

様々なライフスタイルや環境に合わせてご提案させて頂きますので

今まで生活環境に合っていない眼鏡を掛けていて眼鏡アレルギーになっている方も是非一度ご相談にいらしてください。

 

 

 

 

Staff profile

岩本 賢吾(いわもと けんご)

 

 

 

 

 

 

 

 

1980年生まれ。GLASSFACTORY堀江店に勤務。
モデル業界からメガネ業界へ転身という異色の経歴の持つ堀江店の看板スタッフ。

 

GLASSFACTORY 堀江店

ADDRESS:〒550-0015 大阪市西区南堀江1-15-10 ソレイユ南堀江1F

TEL:06-6536-3337

グラスファクトリーでは、グローバル基準のドイツ式MCH検査(両眼視機能検査)を実施いたしております。
詳しくはこちらの視力測定コンテンツをご覧ください。
グラスファクトリー各店で、MCH(両眼視機能検査)のご予約をお受付いたしております。

※MCH(両眼視機能検査)の測定には約1時間のお時間が掛かりますので、ご予約優先となります。
予めご了承くださいませ。