STAFF BLOG

【STAFF 上島】じーまんのルネッツ エ ヴェトゥモン Vol.4

2018.02.14

ボンジュール、こんにちは!

どーも『堀江のパリジャン』改め 『ex-堀江のパリジャン』 こと神戸店 G-MAN(じーまん)です。

 

 

「Lunettes et vêtements(仏語でメガネと洋服)」第4回目、今回はフランスのエスプリ香る 『ANNE ET VALENTIN(アンバレンタイン)』 のご紹介です。

 

まずはショートムービーをご覧ください。

私にとってどんなブランドかを把握するうえでこういった動画も重要なファクターの1つ。

たった47秒の動画でもこのブランドのセンスが一目瞭然!

やっぱり旬なブランドはどこをとってもイケてるし、ダサいブランドはとことんダサい…

皆さんそうは思いませんか?

もちろんアンバレンタイン(以後アンバレと表記)は前者にあたりますのでご心配なく。

 

 

【Consider in detail】

ANNE ET VALENTIN  (ENNIO C-A191) SIZE 46☐24

今回チョイスしたのは、ブランドイメージ的には小ぶりで女性色の強いアンバレの中では比較的大きめなサイズ感でユニセックスでご使用頂けるENNIOというモデル。

丸みを帯びたクラシカルな玉型(レンズシェイプ)をベースにべっ甲柄のアセテート生地、深みのあるネイビーの配色が何とも言えない上品な雰囲気を醸し出してくれます。原産国はフランス、MADE IN FRANCE…この響きだけで全て許せてしまうのはきっと私だけではないハズ!(笑)

 

 

【My recent favorite】

今回のコーディネートの足元にはアンバレと同じく、フランス繋がりでParaboot(パラブーツ)をチョイス。

ただそこは定番のCHAMBORD(シャンボード)やMICHAEL(ミカエル)だと面白くないので、少しハズしてFOTON(フォトン)でネイビーのワントーンコーデを意識してみました。

私にとって靴(スニーカー)はメガネの次に決して妥協できない、大切なアイテムの1つ。一概に「靴」といっても、発祥した国々によってデザイン・木型(LAST)が全然違うから面白いですよね。

今までの自分の人生を振り返ると、基本ミーハーな私は洋服同様、靴も世のトレンドに流されフランス→イギリス→イタリア→アメリカと、、、いろいろと浮気しながら渡り歩き、ようやく1周して近年フランスで落ち着いたようなそんな気がします。

 

 

I like the simple style and dark blue color.

chapeau : kijima takayuki
lunette : anne et valentin
manteau : barbour
pantaron : COMOLI
chaussures : paraboot
et plus : maria rudman, rust made in england…

 

 

【From the side】

 

 

【BTS photo】

最後になりましたがアンバレは カッコイイより(少し可愛くて、センス良くて)オシャレに見られたい!見せたい! 個人的にそういったメガネをお探しの方には是非選択肢の1つに入れて頂きたい、そんなブランドです。

ぜひお近くのグラスファクトリーで実物を手に取ってご覧ください。

 

>>次回 「Lunettes et vêtements vol.5」に続く。

 

 

『眼鏡と洋服のトータルコーディネート』を提案しつづけてグラスファクトリーはおかげさまで昨年で21周年を迎えることができました。
これもひとえに皆さまの支えあってのこと、本当にありがとうございます。

22年目のシーズンもぜひ私達に眼鏡・サングラスを通じて皆様のライフワークを彩るお手伝いをさせて下さい。

最後まで読んで頂きありがとうございます。
それではまた、アビャントー!

 

【関連記事】

>> 「じーまんの食いしん坊!万才 Vol.1」

>> 「じーまんのルネッツ エ ヴェトゥモン Vol.1」

>> 「日本が世界に誇るファッショニスタのご紹介」

 

Staff Profile
上島 英智(Hidetomo Parisien Uejima)

商品ブランディング ならびにInstagram運営担当

1977年1月7日生まれ(41歳)/A型

奈良県出身/大阪市在住

座右の銘、好きな言葉:「Qui se ressemble s’assemble」(類は友を呼ぶ) / 外見は1番外側の中身

趣味:音楽(主にJazz & House) 映画鑑賞 / 買い物 / ワイン&食べること / 海外旅行 etc

【私のこだわり】

眼鏡と洋服とフランスをこよなく愛し、毎シーズンごとのトレンドを意識しながら、フレンチ&海外生活で培った「グローバルな視点と日本人らしさ」をベースに自分と由縁のある場所や人、ブランドの時代背景をも融合させたMIXスタイルが得意。その他、この業界に入ったきっかけなど、スタッフインタビューはこちら

【最後にひと言】

眼鏡業界歴20年の知識と経験はもちろん、お客様の個性・ライフワークをしっかりとお伺いさせて頂き、従来の「眼鏡店」の固定概念にとらわれない「眼鏡と洋服のトータルコーディネート」スタイリング提案ならぜひ私にお任せ下さい。